実業之日本社文庫<br> マル暴総監

個数:
電子版価格
¥733
  • 電書あり

実業之日本社文庫
マル暴総監

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月26日 01時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 429p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408554969
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

“史上最弱”のマル暴刑事・甘糟の前に現れたアヤシイ男は、警察トップのあの人!?任侠シリーズの面々も活躍の痛快警察小説!

内容説明

「俺のこと、なめないでよね」が口ぐせの、史上“最弱”の刑事・甘糟が大ピンチ!?北綾瀬署管内で起きたチンピラ殺人事件の捜査線上に浮かんだ謎多き人物。捜査本部でただひとりその正体を知る甘糟は、現場にふらりと現れる男に翻弄されることに―。笑って泣ける痛快“マル暴”シリーズ待望の第2弾。“任侠”シリーズ阿岐本組の面々も登場!

著者等紹介

今野敏[コンノビン]
1955年北海道生まれ。上智大学在学中の78年にデビュー。警察小説の人気シリーズを数多く手がける。99年より空手道今野塾を主宰、臨場感溢れる武道小説にも定評がある。2006年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、08年『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

361
満足度は一作目よりも高い。しかし、その要因は、あくまで任侠シリーズのスピンオフでありきのものであったり、新キャラの個性によるもので、事件内容自体はかなり陳腐で、甘糟が主人公である意義も薄く感じた。今後の展開如何では、総監御披露目の、重要な位置付けの一冊となるかもしれない。阿岐本組の日村の出番が多いのは嬉しい反面、阿岐本組長が出てこないのは寂しい。外から見た阿岐本組や日村は、本シリーズとはずいぶん印象が違い、不気味な実力者オーラが漂っている。実は日村も、業界では結構な顔役らしい。2020/09/30

chiru

106
『マル暴甘糟』第二弾。警察階級最高位に立つ“警視総監”が絡む、とんでもない『殺人事件』に偶然居合わせてしまった運の悪い甘糟。「リスクより平和」を求める甘糟の願いとは反対に、ややこしい事件の方から巻き込んでくるのが可笑しい。落とし所も逃げ場もなく、窮地に陥る総監と甘糟。でも最後は、サヨナラヒットを打ったような軽快な逃げ切りが爽快!! 先輩刑事である郡原の魅力が描かれ、阿岐本組の日村も登場して嬉しい。わたしの好きな要素がぎゅっと詰まっていて、読んでる間とても楽しかったです! ★52019/11/05

のり

102
マル暴シリーズ第2弾。マル暴刑事にしては繊細過ぎる「甘糟」が増々気鬱になる事件に遭遇。半グレと半ゲソの言争いに割り込んで来た白スーツの男。その後、半グレの一人が殺される。白スーツの男が容疑者として捜査本部は判断するが、ただ一人甘糟は白スーツの男の正体を知ってはいるが…相棒の「郡原」は一見仕事熱心とは言えない言動が多く、甘糟を駒のように扱うが真意は別に。任侠シリーズの「日村」も健在。最後のW白スーツには笑った。2021/06/30

みゆ

81
<任侠シリーズ>の端役・甘糟刑事が主役のスピンオフ第2弾。タイトルからして笑える。そう、表紙の白いスーツの男が警視総監、世直しと称して夜の街にチンピラ成敗に出没する!って、なんやそれ(笑)相変わらず甘糟くんは「嫌だなぁ、怖いなぁ」とボヤキながら組事務所を駆けずり回ってました。今作では阿岐本組の日岡も登場♪エンタメ満載、か~るく読める一冊です(o^^o)2024/05/10

きむこ

79
任侠シリーズの甘粕刑事が主役の第2弾!(1弾は未読💦)任侠シリーズではなんだか弱っちくて良くも悪くも公務員で好きでも嫌いでもないチョイ役ってところだったであまり期待せずに読み始めました。結果これはこれで面白い!まず日村やアキラを甘粕視線で見れるのも面白い。甘粕は相変わらず弱っちいのにちゃんと仕事しているし『いやそれはありえへんやろ』と思う場面でも『あっ任侠シリーズなんだからこれはありなんだ』と気付いてニンマリしたり。エンタメとして十分に楽しめました(≧∇≦)任侠シリーズ好きの方は機会があれば是非♡★42019/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14052264
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。