実業之日本社文庫<br> 不都合な真実

個数:

実業之日本社文庫
不都合な真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 01時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408553931
  • NDC分類 519
  • Cコード C0130

出版社内容情報

2007年のベストセラー『不都合な真実』が待望の文庫化。地球温暖化がますます加速するなか、まさに必読の一冊!

著者等紹介

ゴア,アル[ゴア,アル] [Gore,Al]
1948年3月31日生まれ。テネシー州ナッシュビルに居住。ジェネレーション・インベストメント・マネジメント社の共同設立者兼会長。クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ社のシニア・パートナー、アップル社取締役。気候の危機を解決するための非営利団体、クライメート・リアリティ・プロジェクトの会長として時間の大半を費やしている。1976年、1978年、1980年、1982年に米国下院議員に選出され、1984年と1990年には上院議員に選出される。1993年1月20日、米国第45代副大統領に就任し、8年間その職務を果たす。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)と共同で2007年にノーベル平和賞を受賞

枝廣淳子[エダヒロジュンコ]
東京都市大学環境学部教授、幸せ経済社会研究所所長東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。環境問題に関する講演、執筆、翻訳、企業のCSRコンサルティングや異業種勉強会等の活動を通じて、地球環境の現状や国内外の動き、新しい経済や社会のあり方、幸福度、レジリエンス(しなやかな強さ)を高めるための考え方や事例を研究。「伝えること」で変化を創り、「つながり」と「対話」でしなやかに強く、幸せな未来の共創をめざす。震災後の国のエネルギー政策を考える「総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会」委員、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会街づくり・持続可能性委員会委員、経済産業大臣主催エネルギー情勢懇談会メンバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユズル

18
難しかった。でも写真がふんだんで、そのどれもが一目瞭然で。今だって温暖化は進んでいる。これを読んでいた時だって、インドネシアで津波とか。私たちはこれから、どうしていったら良いのだろう。政府はあてにならない気がします。難しい問題です。2018/12/25

yk

12
さらっと。どうなんだろうな~。とりあえず焼畑はやめてもらわないととは思うけど。まあ僕は賢くもないし先見の明があるわけでもないからわからないけど、文化が成熟しすぎて、もういったん終わるんだろうなと思う今日この頃。何が原因にせよ。2021/12/01

ふぁきべ

7
現在の研究結果との比較は必要だが、ゴアには先見の明があったというしかない。これについて批判の声が多々あったのは事実で、その批判の声に一理あった部分もあるだろうが、大筋としては正しかったとしか言えないだろう。いまだに某国の偉大なる大統領のように現実を見ようとしない人たちがいるが、10年後に恐ろしい状態になっていたとしたら、いったい彼は責任をとれるのだろうか?責任を取るのは彼に投票していない人も含めた有権者だけでなく、大部分は他国の極貧の人たちなのである。これをスキャンダルと言わずして、なんのなのだろうか。2018/10/30

ボル

4
新書が出てから時間が経過しているが、残念ながら現実に問題が表面化している。我々も色々と学ばなくてはならない。温暖化に関しては家庭でもできることを細かく記載されている。また思い切った米国批判については、ブッシュ元大統領だけでなくトランプ大統領にもつながると感じる。カラー写真と貴重なデータがたくさんあり、ついつい今年はどうなったと継ぎ足したくなってくる。やれることはやろう。そう思わせる書である。2018/12/22

バナ

4
温暖化=悪。 二酸化炭素=悪。 極端だけど言いたいことはすごくわかる。 データが立証してるし。 アルゴアさんの主張には同意しかない。 これからの未来を考えさせられる全編カラーでビジュアル的にも読み物としても非常に良い本だったと思います。 ある意味ホラー作品より怖い読み物でした。 欲を言えば誰にとって不都合な真実なのかもっと掘り下げてほしかった。 ★4.0点です。(5点満点)2017/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12341051

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。