実業之日本社文庫<br> 歴女美人探偵アルキメデス―大河伝説殺人紀行

個数:
電子版価格 ¥641
  • 電書あり

実業之日本社文庫
歴女美人探偵アルキメデス―大河伝説殺人紀行

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月13日 08時09分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408553757
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

美人歴史学者の静香、ひとみ、東子の三人が集まるウォーキングの会“アルキ女デス”の旅の目的地はなぜか川。北海道の石狩川の岸を歩く三人の目前に、川を仰向けになり流れる女性の姿が。幸いにして救出され一命を取りとめるが、その女性の夫は数日前に不審な溺死を遂げていた。事故か事件か、推理は露天風呂でひらめく!?傑作トラベル歴史ミステリー。

著者等紹介

鯨統一郎[クジラトウイチロウ]
1998年、『邪馬台国はどこですか?』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

石狩川、利根川、信濃川……日本を代表する大河を旅行で訪れた三人の美人歴史学者が巻き込まれた事件の意外な真相とは?