実業之日本社文庫<br> 現場痕

個数:
電子版価格 ¥554
  • 電書あり

実業之日本社文庫
現場痕

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月21日 16時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408552354
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

損害保険代理店を営む志摩平蔵は元刑事。警察官の妻を事故で亡くし、子育てのため転職したのだ。轢き逃げに見せかけた殺人、事故を利用したアリバイ偽装など、交通事故が生み出す莫大な保険金を狙う犯罪はあとを絶たない。死者と遺族の無念を晴らすため、地道な現場調査から真相を炙り出す“正義の保険屋”志摩の奮闘を描く傑作ミステリー集!

著者等紹介

北上秋彦[キタカミアキヒコ]
1950年岩手県生まれ。生損保代理店を経営する傍ら作家を志し、95年、保険調査員の経験を活かした短編「現場痕」を文芸誌に発表しデビュー。97年、初の単行本『種の終焉』を上梓。2004年第3回北東文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

交通事故に見せかけた殺人、保険金奪取を目論んだ偽装事故等、不審な事故の真相を元刑事の保険屋が炙り出す傑作ミステリー!