実業之日本社文庫<br> 桜桃・雪の夜の話―無頼派作家の夜

個数:

実業之日本社文庫
桜桃・雪の夜の話―無頼派作家の夜

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月06日 10時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 353p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551562
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

無頼派作家、酒と文学――「桜桃」「東京八景」など名作と太宰、坂口安吾、織田作之助の三人が初めて集った酔っ払い座談会収録。

子供より親が大事と思いたい――駄目な男の語り口に酔う一冊。

戦後無頼派の代表的作家・太宰治の名作と酒にまつわる小説・エッセイを多数収録したオリジナル作品集。「桜桃」「ヴィヨンの妻」「東京八景」などの代表作から、太宰、坂口安吾、織田作之助の三人が初めて一堂に会した「現代小説を語る座談会」(文庫初収録)まで。酔っぱらい同士の放談で意気投合した三人は、その後銀座バー「ルパン」へ繰り出して……ファン必読の一冊。

【収録作品】
■雌に就いて
■猿面冠者
■あさましきもの
■満願
■畜犬談――伊馬鵜平君に与える――
■皮膚と心
■令嬢アユ
■東京八景
■雪の夜の話
■ヴィヨンの妻
■父
■酒の追憶
■眉山
■桜桃
■家庭の幸福
■朝
■現代小説を語る座談会
■織田君の死
●解説 角田光代
●作品解説 七北数人

内容説明

戦後無頼派の代表的作家・太宰治の名作と、酒にまつわる小説・エッセイを多数収録したオリジナル作品集。「桜桃」「ヴィヨンの妻」「東京八景」などの代表作から、太宰、坂口安吾、織田作之助の三人が初めて一堂に会した「現代小説を語る座談会」まで。酔っぱらい同士の放談で意気投合した三人は、その後銀座のバー「ルパン」へ繰り出して…ファン必読の一冊。

著者等紹介

太宰治[ダザイオサム]
1909(明治42)年青森県生まれ。30年、東京帝国大学文学部仏文科に入学するが、カフェの女給と心中を図り、女性が死亡、検事の取り調べを受ける。35年「逆行」が芥川賞候補となる。翌年、処女作品集『晩年』が再び同賞候補になる。39年、結婚を機に旺盛な執筆活動を始め、「走れメロス」「富嶽百景」など数多くの名品を生む。戦後、坂口安吾、織田作之助らとともに無頼派と呼ばれ、一層の人気を博す。特に長篇「斜陽」は文壇内外に反響を巻き起こし、「斜陽族」という流行語も生んだ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件