• ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
秋山郷 殺人秘境―私立探偵・小仏太郎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551494
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

小仏の刑事時代の元同僚・金沢夏未が何者かに刺殺された。夏未は個人的な依頼に応え、ストーカーの調査をしていたという。新潟・長野両県にまたがり、「最後の秘境」といわれる夏未の故郷・秋山郷へ赴いた小仏は、さらに調査を進めようとする。しかし、警視庁の元同僚・安間から、なぜか「深入りするな」と忠告されてしまう。夏未の死の背後にある闇の真相とは―!?日本一の豪雪地帯で起きた殺人事件に下町探偵が挑む!

著者等紹介

梓林太郎[アズサリンタロウ]
1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で小説宝石エンタテインメント小説大賞を受賞しデビュー。山岳推理小説の第一人者として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

女性刑事はなぜ殺されたのか!? 「最後の秘境」と呼ばれる秋山郷に仕掛けられた罠とは――人気ミステリーシリーズ第4弾!

女性刑事はなぜ殺されたのか―?!?
「最後の秘境」に仕掛けられた罠!

夏未が何者かに刺殺された。夏未は個人的な依頼に応え、ストーカーの調査をしていたという。小仏は新潟、長野両県にまたがり、「最後の秘境」といわれた秋山郷での夏未の葬儀に出席するが、夏未は尾瀬で起きた女性遭難事件に興味を抱いていた、との新証言を得る。さらに調査を進めようとする小仏だが、警視庁の元同僚?安間から「深入りするな」と忠告され―?!? 小仏太郎の推理が冴える!! 東京・亀有に事務所を構える下町探偵が活躍する傑作ミステリーシリーズ第4弾!

【著者紹介】
1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で小説宝石エンタテインメント小説大賞を受賞しデビュー。山岳推理小説の第一人者として活躍中。著書に私立探偵・小仏太郎シリーズ(小社刊)、人情刑事・道原伝吉、旅行作家・茶屋次郎、山岳救助隊・紫門一鬼などの人気シリーズがある。ほかに文豪・松本清張との交流を描いた『回想・松本清張 私だけが知る巨人の素顔』などがある。(2013年12月5日現在)