実業之日本社文庫<br> 演じられた白い夜

個数:
電子版価格 ¥451
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
演じられた白い夜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 16時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408551036
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

小劇場界の著名女優・麻子は、夫で演出家の匠に呼ばれ、雪深い山荘へやってきた。山荘には匠によって、初対面である八人の俳優らが集められていた。匠の新作は本格推理劇で、演じる側にも犯人がわからないよう稽古は行われていく。台本が進行するにつれ、麻子を含む女優たちに疑心が兆し、それは恐るべき事件の形を取って表れた。作中劇の中に隠された真相は―。

著者等紹介

近藤史恵[コンドウフミエ]
1969年大阪生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。93年『凍える島』で第4回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。2008年『サクリファイス』で第10回大藪春彦賞受賞。本格推理、心理サスペンス、グルメミステリー、ゴシックホラー、江戸捕物帳など幅広い作風で読者をつかむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

265
新しい芝居を作ろうと雪山合宿に集まった面々。演出家が目指すのは『推理劇』役者達も犯人役が誰なのか、展開がどうなるかを知らないまま稽古を重ねる。クローズドサークル内で芝居を演じる『虚』と、演者仲間が生活を共にする『実』がないまぜに。やがて虚実いずれの舞台でも犠牲者が出て・・・という話。著者は『モップ』『自転車』シリーズなどで私を虜にしていますが本作はいささか・・・。それより著者あとがきが嬉しかった。なるほど近藤先生のそのご経験が後の多くの『近藤史恵信者』を作るきっかけになったのか!虚実の翻弄に溺れる‼️🙇2020/02/11

相田うえお

99
★★★☆☆20101【演じられた白い夜 (近藤 史恵さん)k】山深いところにあるログハウス風の元ペンション(うんうん、ミステリーな雰囲気〜) 雪が降りしきる中(おー!雪〜!クローズドサークルものだな?テンション上がる〜!) 十日間の合宿で演劇での芝居を作り上げるために8人が集まった。(おー!これらの人達が被害者と犯人になるのか〜)滞在中、死者が次々と!(あちゃー!やっぱりね。)悪天候、雪崩で道が塞がれ電話も通じない(わー!定番だけど、ワクワク!) ただ、作品内に舞台台本が入り込む構成は頭が混乱する〜(汗;2020/09/21

りゅう☆

78
演出家匠が雪深い山荘で合宿として男女6人と女優の妻麻子を集めた。匠演出の台本はオフ会で誰かが殺されるという設定。しかも殺される者も犯人も誰か分からないまま演じる。そして作中で1人殺された後、現実でもその役者が死んだ。外部と連絡が取れない、初対面なのに男女関係のもつれがありなど作中と現実が重なる。次に起こる殺人もまた然り。犯人は誰?次に殺されるのは?不安な状況でまさかの人物が殺害。犯人の動機にしても麻子に対してもイマイチ感情移入できず。女性たちのイメージが掴みにくいけど読みやすく一気読みできたのはよかった。2019/07/31

セウテス

63
雪により閉ざされた山荘で、無人の孤島を舞台にした本格ミステリーの演劇稽古が行われ、作中作と同様に一人又一人と殺されて行く、クローズド・サークル。作中作と現実の両方を観ていく為、かなりの集中力が必要とされる。プロットは凝った物だ、技術力のたいへん必要な、高い発想と構成の作品だと思う。作者本来のファンからすると、深い人物描写を敢えて省いている事、推理を楽しむ事自体が目的である事に不満かも知れない。しかし文字を紐解き状況を頭に浮かべ、伏線から先の想像を幾つか楽しむなら、探偵として舞台に立つ慶びが獲られるだろう。2016/10/05

アッシュ姉

51
近藤史恵さん続けて読了。本格推理劇の稽古のために、雪深い山荘に集まった演出家と演者たち。無人島で起こる殺人劇の脚本と並行して、やがて閉ざされた山荘で現実にも殺人が起こり…。犯人は誰か、生き残るのは誰かというクローズドサークルの作中作。人物描写があまり掘り下げて書かれていないなか、本名と役名の両方を覚えなければならず、何度もいったりきたりしたうえに、犯人も動機もいまひとつ。あまり好みでなかったが、近藤さん独特の雰囲気は感じられたし、本作を描いた想いが綴られたあとがきは興味深かった。他の作品も読んでいきたい。2014/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5689959

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。