実業之日本社文庫
スペインの墓標

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 407p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408550312
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

カメラマンの「わたし」と恵子は、マドリッドへやってきた。恵子の夫であった佐野を探すためだ。彼は、ラジオ局プロデューサーの地位を捨て、スペインへと姿を消していた。パキータというフラメンコの娘と行動をともにしているらしい。学生運動への失望感を抱いていた佐野はフランコ政権への反体制運動に共鳴していたのか…。表題作ほか熱い時代の息吹を感じる五編。

著者等紹介

五木寛之[イツキヒロユキ]
1932年福岡県出身。67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞受賞。76年『青春の門』で吉川英治文学賞受賞。多岐に渡る文明批評活動により、2002年菊池寛賞を受賞。各文学賞選考委員を務めるなど、日本を代表する小説家の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。