気散じ北斎

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

気散じ北斎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月24日 18時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408538525
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

希代の絵師・葛飾北斎とその娘・お栄。
数十年にわたる奇妙な親子の絆。
そして蔦重や写楽、歌麿らとの
交わりのなかで浮かび上がる、驚愕の真実とは?

25年大河ドラマ主人公・蔦屋重三郎も登場。
「蔦重の教え」著者の傑作時代小説!

あんたは私で私はあんた――

絵師・葛飾北斎は後妻の連れ子であるお栄(後の葛飾応為)と初めて出会ったとき、手本と寸分たがわぬ線で蛇の絵を見事に描く姿に驚く。お栄が酒癖の悪い実の父親から虐待を受けていたことを告白すると、北斎は一生をかけてお栄を守ると誓うが…合わせ鏡のような北斎とお栄の奇妙な親子関係、そして版元の蔦屋重三郎、東洲斎写楽、喜多川歌麿、渓斎英泉ら絵師との交わりのなかで、驚愕の真実が浮かび上がる――綿密な時代考証と斬新な着想で描く傑作長編小説!

「「狂」を生きる北斎の知られざる豊かなエピソードを活写した傑作」
菊池仁(文芸評論家)

カバーイラストは『百と卍』で人気の漫画家・紗久楽さわ氏が担当。

内容説明

絵師・葛飾北斎は後妻の連れ子であるお栄(後の葛飾応為)と初めて出会ったとき、手本と寸分たがわぬ線で蛇の絵を見事に描く姿に驚く。お栄が酒癖の悪い実の父親から虐待を受けていたことを告白すると、北斎は一生をかけてお栄を守ると誓うが…合わせ鏡のような北斎とお栄の奇妙な親子関係、そして版元の蔦屋重三郎、東洲斎写楽、喜多川歌麿、渓斎英泉ら絵師との交わりのなかで、驚愕の真実が浮かび上がる―綿密な時代考証と斬新な着想で描く傑作長編!

著者等紹介

車浮代[クルマウキヨ]
時代小説家/江戸料理文化研究所代表。江戸風キッチンスタジオを運営。故・新藤兼人監督に師事しシナリオを学ぶ。第18回大伴昌司賞大賞受賞。国際浮世絵学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

128
葛飾北斎とお栄。その生きざま・・車浮代が描くその世界。だが今一つ熱が届かないのは読み手の私問題か(汗)普通に読んじゃった感。それはそれで良いのか?お栄との関わりに人間・北斎を感じる。そして、お栄・・頑張ったよ。この最期も有りだと思う。2024/02/24

みっちゃん

123
アニメ風でちょっとほっこりするような表紙だけど、内容はなかなかに生々しい人間模様。北斎の娘、お栄を実子ではなく後妻の連れ子という設定にしたのはなるほど、こういう理由だったのかと頷きながら読んだ。しかしラストはこれしかなかったのだろうか。これが作者の思い描く葛飾応為、という人物の生き様ということなのだろうね。2024/05/07

ぶち

82
読友さんのレビューで読みたくなった本です。葛飾北斎が出世魚のように名前を変える度に、絵の技法が豊かになって成長していく様が面白いです。その技法習得の過程には東洲斎写楽、喜多川歌麿、渓斎英泉らの絵師や版元の蔦屋重三郎たちとの交流があったことにも興味がそそられます。そして、北斎とその娘・応為との特異な親子関係に焦点を当てている点がなんといっても面白く、二人の生き様に胸が熱くなっての一気読みでした。でも、あのようなラストシーンが待っていようとは…。涙が出てしまいました。改めて北斎と応為の絵を観たくなりました。2024/04/13

フキノトウ

12
葛飾北斎と娘お栄。どうもお話に入り込めなかった。時代ものに挟まれる性描写は苦手。紗久楽さわさんの表紙が素敵。2024/02/26

coldsurgeon

5
絵師葛飾北斎とその後妻の連れ子・お栄(葛飾応為)との数々のエピソードを描き、北斎の一代記となす。斬新な着想と、しっかりとした時代考証に基づいた記述により、物語が彩り豊かになっている。小布施の北斎美術館で見た絵が、脳裏に鮮明に思い起こされる。北斎とお栄は、互いに影響しあいながら成長したことがよくわかる。単なる父親と娘の関係に終わらなかったかrこそ、後世に北斎の偉業が残ることになった。2024/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21676184
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。