密告はうたう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408537023
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

警察の警察。元部下の監察を指令された警視庁人事一課の佐良が見た真実とは。緻密な伏線と人間ドラマが胸を打つ傑作警察小説。

内容説明

人事一課監察係の佐良が命じられたのは、元同僚・皆口菜子の監察だった―緻密な伏線と人間ドラマが胸を打つ!静かで熱い警察小説。

著者等紹介

伊兼源太郎[イガネゲンタロウ]
1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務などを経て、2013年に『見えざる網』で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

167
『地検のS』の伊兼さん。今頃本作を手にする(続編もあるそうだ)警視庁人事一課通称「ジンイチ」。その中でも警察の中の警察と言う監察官を描く警察小説。誰も信じられないのに面白く読んだ。あぁ、これは辛いだろうな…嫌われるよな…「現在を変えれば、過去の持つ意味を変えられるかもしれないというだけだ。」と佐良を試した能馬の言葉が、しれっと過ぎてツボだった。続編では皆口が加わってどんな話になっているのだろう。楽しみだ。2021/06/24

パトラッシュ

81
警察小説は数多いが、仲間の警察官を探る監察官が主役の作品は初めて。刑事としての誇りを持って働いてきた佐良は失策で部下を失い、思ってもいなかった監察官に異動した設定が面白い。上司や同僚、元部下らもみな警察組織で受けた傷を抱えており、痛みに耐えながら警察官としてのプライドを守ろうと努めている。命じられた監察業務で部下が死んだ事件絡みで疼きだした古傷の痛みが、行動確認の連続で地味な展開の物語に緊張感を与えている。そんな面々の思惑を聴き続けた佐良が真実をうたう声を聴き分けた結末は、警察官としての成長小説といえる。2021/02/23

さっこ

80
読み応えのある作品でした。捜査一課時代、捜査中に部下を亡くし、人事一課へ異動になった佐良。行確を命ぜられた監察対象は当時の部下の皆口菜子だった。過去の部下が殉職した未解決の事件を絡ませながら、監察としての生き方を貫いていく。真相の糸口が見えてからの怒涛の展開はとても面白かったです。第2弾も出ているようなので読みたい。2021/02/06

ゆみねこ

76
捜査中に後輩刑事を殺害された佐良は、異動で警察の警察と呼ばれる人事一課で監察業務へ。一通のタレコミ文書から殺害された刑事の婚約者だった皆口を内偵することに。誰が捜査情報を漏洩していたのか、公安やら出世のために手段を選ばない輩など、緊迫した場面も多くて一気に読み込みました。これは続編ありそうですね。楽しみに待ちたいです。2017/04/26

ナミのママ

64
デビュー作から好きな作家さん。今回のテーマは濱さんのシリーズでもおなじみの「ヒトイチ(人事一課)」警察官を追う警察です。この人事一課が面白かったので他の作家さんが書くとどうなるのかというのも楽しみでした。捜査一課から移動になった佐良が命じられたのは元同僚の女性の監察。伊兼さんらしい丁寧な書き方が、このテーマにあっていると思います。そして警察小説のイヤミス世界、という感じがします。読後、すっきりしないのに続きが気になり癖になりそう、読編があるのでしょうか。2017/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11577831

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。