花の命は短くて…

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408536521
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

1989年11月28日、三人はミス聖泉大学(フォンテーヌ)のステージにいた―ミスフォンに輝いたのは真理恵、準ミスに選ばれたのは苑子と由美子だった。時を経て、専業主婦になった苑子と、熟女バー勤務の真理恵の嫉妬と羨望の対象は、人気雑誌「レコルト」のモデルとして活躍する由美子。三人の人生が再び交錯したとき、事件は起こる―!?もうひと花咲かせたい女たちをコミカルに描く痛快エンターテインメント。

著者等紹介

越智月子[オチツキコ]
1965年福岡県生まれ。大学在学中よりライターとして活躍。作家・白石一文氏に才能を見出され、2006年、『きょうの私は、どうかしている』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らむり

45
読後感はいいです。苑子より結衣の方が好感持てました。2014/11/18

むぎじる

40
かつて聖泉大学のミス・準ミスフォンテーヌだったアラフォー女性たち。旦那も娘もそっけないし、日々老いを感じる主婦の苑子。男運のない微熟女バーに勤める真理恵。主婦の憧れの雑誌で専属モデルをしている由美子。それぞれの人生を生きてきた3人が、いろいろなきっかけを踏みつつ、1本の道を進んでいく。何にもできない・・・運が悪い・・・自分のことは、自分が一番よく知っていると思っていたけれど、他の人が引き出してくれる隠された長所が眠っているのかも?年齢を重ねたからこそできることがあるのかもしれない。勇気と元気が出る小説。2014/11/07

もぺっと

20
大学で準ミスだったことが密かに自慢の、42歳の苑子が主人公。年を重ね、自分の容姿の衰えに嘆く日々です。そして同じ準ミスだった同級生が、今は雑誌のモデルとなっているのを羨ましく思ったりもしています。自分はもう若くないと、切実に感じるところはある年齢になった女性ならわかるはず。ただこの人、外見ばかり気にしすぎ・・・。最後はうまく行き過ぎの感はありますが、悪くはないです。男を敵に回し、女が味方同士になると強い!2015/06/11

グリーンクローバー☘

15
40代の老いを感じ始めた専業主婦の花(若かりし頃の栄光)を取り戻すお話。外見ばかり気にしている呑気な主婦…。夫にも娘にも相手にされず、明後日の方向を見て…。笑えるおバカさんな女、嫌いなタイプ。漫画みたいで軽ーく読めました。2017/11/05

なかなか

13
昔の栄光が忘れられずに、悪あがきする可愛くもあり、ちょっとイタい40代主婦の話。今の自分を見ないふりしながらも、自覚症状があるから切ない。ラストの辺りは、あれあれー⁉だけど面白かった。2017/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8307443

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。