仇敵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408534312
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

大手都市銀行の次長職から地方銀行の庶務行員となった恋窪商太郎。駐車場の整理とフロア案内の傍ら、融資に悩む後輩社員へアドバイスする…そんな日々に、以前より「人間らしさ」を取り戻した恋窪だったが―。「正義」を求めたばかりに組織を弾き出された男が、大銀行の闇に再び立ち向かう!メガバンクの内幕と、地方銀行の実情を描ききる銀行ミステリーの傑作。

著者等紹介

池井戸潤[イケイドジュン]
岐阜県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。三菱銀行勤務を経て、1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おいしゃん

60
池井戸氏お得意の銀行ミステリーだが、この作品ならではの特徴が二つ。一話ずつの短編になっているのだが、それらは独立しているように見えて、実は一話ずつ積み上がった謎が、最後にようやく繋がるという妙。もう一つが、その謎を自ら身を張って追い続けるのが、銀行員は銀行員でも、庶務行員であるという点。なかなか読み応えがあった。2014/05/30

ともくん

57
初期池井戸作品。 まだ、今のような重々しさがない。 そして、主人公の都合のいいように話が進んでいくなど、甘さも目立つ。 ただ、連作短篇集として読んでいくには、完成度は高いと思う。2019/11/07

Syo

43
池井戸潤作品なのでたぶん既読だとは思うけれど 続きが気になる2022/01/23

kazu@十五夜読書会

32
池井戸潤 金融 連作短編集。正義を追いライバルの罠に嵌り不祥事の責任を取らされ、大手銀行の次長職から地方の銀行庶務行員になってしまった恋窪商太郎の復讐劇。大手銀行の役員が絡む不正融資のからくりを平の銀行庶務行員が暴く。「不祥事」と同じ銀行内の不正だが、殺人・暴行事件が頻繁に起こり警察小説風、警察はまったく機能せず土壇場までだめだったが・・・・・期待はずれだった。2013/03/18

ichi

23
【図書館本】池井戸さんお決まりの銀行シリーズ。初期の著書ですね。やはり半澤的なストーリー展開ですが、秘密を暴こうと関わる人が次々に殺されてしまいます。ドキドキ、ハラハラ感はなく、あっさり謎が解決されて幕を閉じたのは残念。2014/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/487997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。