Joy novels
十津川警部 八月十四日夜の殺人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505466
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

都内ホテルで刺殺された女性は、伊勢神宮の吟行から帰ってきたばかりの俳句の先生だった。犯行があったのは八月十四日深夜。手掛かりもなく、動機も見えない殺人事件に捜査は難航を極める。しかし、十年前に「八月十五日の殺人」と呼ばれる事件が起きていたとの情報があり、十津川警部は京都へ向かう。さらに二十年前にも「八月十五日の殺人」が…数十年越しの連続殺人事件の真相には戦争の影が!?

著者等紹介

西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
昭和5年、東京に生まれる。公務員生活ののち、数々の職業を経て、創作活動をつづける。昭和38年、『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞、40年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞、推理作家としてデビュー。56年『終着駅殺人事件』の日本推理作家協会賞受賞で推理界に不動の地位を築く。平成13年湯河原町に「西村京太郎記念館」をオープン。全著書や作家としての記録を展示公開している。平成16年に、第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。平成22年、第45回長谷川伸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

尾塚

6
十津川警部シリーズって多作ですよね。正直言って当たりとハズレがはっきりしてませんか?今年は戦後70年ですよね。俳句の先生が伊勢神宮の帰りホテルで殺害。なんて出だしはいつも通りなんですが。調べると十年ごとの八月十四日に同様な事件が。ちょっと現実性がありませんよね。終戦の経緯は勉強にはなりましたが。十四日に爆撃を受けて死亡した子孫が。なんてさらにおかしいぞ!だって関係ない人たちをその後十年ごとに殺害なんて。動機も理解できず。犯人逮捕も偶然みたいな。これじゃミステリーでもエンタメにもなってない!がっかり。2015/05/04

クルミ

2
8月14日から15日にかけて行われる殺人事件。10年ごとに起きて未解決。しつこいくらいに終戦の時の事が出てきます。そして最後は読者に謎解きをさせる。よく分からない内容でした。終戦に至るお話はよく分かったのだけれど。2019/10/31

たかひー

2
★★ 犯人の行動、動機も理解できないし、その犯人に辿り着く推理も?書きたいことを無理やりミステリー仕立てにしている感じ。2015/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9239333

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。