Joy novels<br> 花嫁は墓地に住む

電子版価格 ¥704
  • 電書あり

Joy novels
花嫁は墓地に住む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408505428
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

出版社内容情報

不倫カップルが真夜中デートでウェディングドレス姿の幽霊と遭遇。旅先でも波乱の予感!?女子大生・亜由美の花嫁シリーズ第27弾。

不倫カップルが真夜中デートでウェディングドレス姿の幽霊と遭遇。旅先でも波乱の予感!? 女子大生・亜由美の花嫁シリーズ第27弾。

【著者紹介】
1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『愛妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。「三毛猫ホームズ」「三姉妹探偵団」「杉原爽香」各シリーズなど著書多数。08年にはデビュー以来の著書が500冊を突破という金字塔を達成。ベストセラーを生み出し続ける国民的作家である。(2013年6月5日現在)

内容説明

女子大生・塚川亜由美と親友の神田聡子は、温泉宿で聡子の親戚・須田朱美と遭遇。朱美は、不倫相手の河本昭男と旅館で落ち合う予定だった。しかし、そこへ朱美の母や河本の妻までやって来て一波乱!亜由美に助けを求めた朱美は、以前、深夜の墓地デートで幽霊を見たと打ち明けて…。宿には元教師、仲居頭など問題を抱えた人間が集い、やがて1億円を巡り大混乱に!?表題作のほかに「花嫁は名剣士」を収録。

著者等紹介

赤川次郎[アカガワジロウ]
1948年福岡県生まれ。76年『幽霊列車』で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。80年『愛妻に捧げるレクイエム』で第7回角川小説賞を受賞。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

113
花嫁は墓地に住む、花嫁は名剣士の2本立て。月刊J novel2013年4月から11月。恋人の谷山、警察の殿永、父と主人公の塚川亜由美に都合のいい人間ばかりが周りにいる。「墓地」の旅行先で出くわす人も都合がいい。「名剣士」も秘書だったり、ご都合主義のオンパレードでも腹が立たないのが赤川次郎の筆力だと思う。2014/05/01

おれんじぺこ♪

22
赤川作品、王道の展開(笑)わかっているから安心して読める(笑)2015/04/18

蕭白

8
このシリーズも長いですが、まったく飽きがきません。今作もユーモラスな雰囲気があって、読みやすいお話でした。もう少し神田さんにも活躍の場を与えて欲しいですね。2014/03/29

まはな

6
(図書館)花嫁シリーズというか赤川作品のこのご都合主義で女性がいつもいろんなことを達観してて不倫相手の妻が度胸が据わってて心が広い設定が好きです。絶対に現実ではありえない。でも読んでしまう。2015/02/22

M.K

3
「登場人物たちが年齢を重ねるシリーズ」の爽香と比べて亜由美が幸せで、読んでいてほっとする。1話目はどこに花嫁が出てくるのかラストにならないとわからなかった(笑)2話目はみんなで墓場に行くドタバタ感が楽しい。2015/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7815367

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。