じっぴコンパクト新書<br> 意外と知らない高知県の歴史を読み解く!高知「地理・地名・地図」の謎

個数:

じっぴコンパクト新書
意外と知らない高知県の歴史を読み解く!高知「地理・地名・地図」の謎

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月13日 07時22分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408455426
  • NDC分類 291.84
  • Cコード C0225

内容説明

「同じ読みでも『河中』から『高知』へ改名に込められた願いとは?」「『鴨川』も『東山』も『大文字焼き』もあった小京都・土佐中村に残る都の薫り」「香美、香我美、香北、香南…高知県内に『香』地名が多いのはなぜ?」「地球の割れ目が間近に見られる!仁淀川町の大引割・小引割」「なぜ高知県の山村・北川村にある!?フランス本国も認めた『モネの庭』」…など、高知県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介。県民も驚く、雑学ネタが満載の本。

目次

第1章 産業や暮らしから近現代の高知を知る
第2章 気になるあの地名の裏側にある由来の秘密
第3章 海と南国特有の気候が作り出した景色
第4章 人の仕業か?自然の神秘か?高知の不思議スポット
第5章 高知の人々に愛される名物・特産品
第6章 地元で語り継がれる歴史と伝承をたどる

著者等紹介

宅間一之[タクマカズユキ]
1935年、高知市生まれ。高知大学教育学部卒。土佐女子短期大学教授、高知県立歴史民俗資料館館長を経て、現在、同館顧問。土佐史談会会長、高知市文化財保護審議会長、高知市史編纂委員長、高知市史研究会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。