じっぴコンパクト新書
いまだから知りたい元素と周期表の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 293p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408452982
  • NDC分類 431.11
  • Cコード C0243

内容説明

液晶テレビ、携帯電話などのIT製品、ハイブリッド自動車などのモーター、太陽電池など、幅広い分野で需要が拡大しているレアメタル。さらに新元素は増え、周期表は進化を続ける…世界の経済を大きく左右する“元素”と“周期表”のドラマ。

目次

第1章 元素と周期表のしくみ(元素とは何だろう?;物質の違いは何から生ずるのか? ほか)
第2章 宇宙における元素合成(物質の生成は「ビッグバン」から始まった!;宇宙の歴史の始まり―4つの力の分化と核子の生成 ほか)
第3章 注目されるレアメタル(レアメタルやレアアースとは何か?;レアメタルの需要と供給はどのようになっているのか? ほか)
第4章 わかりやすい元素大図解(水素:クリーンエネルギーの代表選手;ヘリウム:安全でもっとも軽い気体元素 ほか)

著者等紹介

京極一樹[キョウゴクカズキ]
東京大学理学部物理学科卒。サラリーマンを経た後、理工学関係の実用書籍の編集や執筆を長年にわたって行ってきた。最近は物理・化学系の著書が中心(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

文章で飯を食う

3
読んでいたことさえ忘れていた。困ったものだ。しかし、おもしろい。宇宙の創成、元素の成立過程、超新星爆発による鉄より重い元素の誕生など。しかも、産地の情勢などまで幅広く、奥深い。クラーク数なんて、高校の地学以来、何十年ぶりに聞いたことか。2013/04/14

文章で飯を食う

3
元素のカタログ。こんなのをおもしろがる私ってなんだろう。2011/12/01

naoto

1
読みやすく、面白かった。やっぱり元素と周期表の話はおもしろい。初心者にもわかりやすいと思うし、多分、もっと詳しい話を知りたくなるんじゃないかな。2017/11/11

おりぜる@論文終わるまで読書可能時間激減

1
元素の全般的知識と、各元素の雑学を交えた情報をざっと知るには便利な本。図表の字がちょっと細かくて見辛い。埋蔵量とか生産量の国別割合が載っているのは嬉しい。これを読んで1つ1つの元素がなんとなくイメージ出来るようになったので、より詳しい本にステップアップの予定。無機化学とか量子化学とか材料化学とか。2016/10/05

orize

0
なんで買ったのか分からないけどとりあえず面白かった。元素に惚れたんだな多分。中身は大変わかり易かったです。図解なども豊富です。元素関連の初学に是非。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/659891

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。