だれにも教えたくなかった漁師秘伝の魚料理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 126p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784408452005
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C2077

内容説明

魚料理専門店を営む、味にうるさい元漁師が、“海の男が勧めるメニュー”を大公開。

目次

第1章 生、〆て食べる
第2章 ご飯物・お寿司を食べる
第3章 焼き物・炒め物を食べる
第4章 煮物・汁物を食べる
第5章 揚げ物・蒸し物を食べる
第6章 漬ける・干す
第7章 魚のさばき方指南
第8章 漁師風ワンポイントテク

著者等紹介

益谷尚豪[マスタニナオヒデ]
釣り雑誌の編集者・ライターから魚好きがこうじて、鹿児島県の甑島で10年、漁師生活を送る。その後、故郷の沼津にて漁師料理のお店『さえ丸おじさんの店』を開店。日々、漁師ならではの魚料理の数々をお客さんに提供している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海老庵

0
もっと郷土料理っぽいものかと思ったら、居酒屋メニューに近いものだった。手軽に美味しく作れそうなのは良い。2015/06/02

ふむふむ

0
著者は釣り雑誌の編集者から鹿児島の甑島で10年漁師生活をした後、故郷の沼津で「さえ丸おじさんの店」を経営。他の本と重複するレシピが多いが、「太刀魚のてんぷら」「海老豆腐」は見たことがなかったので早速調理。他は「かつおのさばき」「タコの下ごしらえ」が写真で説明してるところは初めて見た。2012/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/191046

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。