脳がシビれる心理学―ココロと脳はどこまでわかったか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408416687
  • NDC分類 140
  • Cコード C0095

内容説明

お酒を飲むと異性が魅力的に見える?中二病がイケテナイにはわけがある?あくびは犬にも伝染する?コンピュータには美人がわかる?成績を簡単にアップする方法がある?ナルシストは会社に必要か?仕事を伸ばしたいならもっと遊べ?名刺は厚くて重いほうがいい?世の中にはまだまだいっぱいの謎ばかり。ココロの新常識!プロレスファンでもある新進気鋭の心理学者が世界最新の科学論文をもとに脳科学、心理学、行動科学の世にも奇妙な不思議を解き明かす。

目次

1章 男と女と心理学(女性は父親に似た人と結婚する?;合コンは赤い服で勝負しろ? ほか)
2章 これぞ心理学の最新メソッドだ!(成功したけりゃやせなさい?;メンタルナンバーラインってなんだ? ほか)
3章 動物と子ども、そして心理学(食品には男と女がある?;カロリーゼロは効果もゼロ? ほか)
4章 脳科学と心理学のはざま(ワインの味はやっぱり値段で決まる?;スーパーヒーローを目指すな? ほか)
5章 心理学からの熱いメッセージ(ジャイアント馬場の心理学とは?;心理学とプロレスの深い関係? ほか)

著者等紹介

妹尾武治[セノオタケハル]
九州大学高等研究院及び芸術工学研究院准教授。オーストラリア・ウーロンゴン大学客員研究員。東京大学大学院人文社会系研究科(心理学研究室)修了。心理学博士。専門は知覚心理学で、心理学全般についてこれまでに研究及び授業をしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みたらし

13
心理学のおもしろい研究がたくさん紹介されていました。2016/06/24

non

4
 ('14-245)論文や研究結果だけでなく、その研究・実験の面白さを若い人に伝えようとしている(おわりに、で著者も言及)と共に、年若くないこちらまで面白そうだと思える。教授を(形容)紹介するあまりにも主観的コメントも面白かったが、あれは試みではなかったのね。疑問、テーマを持って、それを科学的に研究、証明する素晴らしさ。(平易に書かれた)心理学って面白い。プロレスは関係なかったかな、、例え恩を感じていても。余計だった。2014/11/26

キンセンカ

3
心理学とは、変なことを真剣に研究する熱い学問である。と言うのがテーマかな?2015/06/13

ペカソ・チャルマンチャイ

3
学術誌に載った論文の中から、一般の人が興味を持ちそうなものをわかりやすく紹介してくれる本です。雑学好き、話のネタが欲しい人にはいいのではないか。心理学のことを全く知らない(誤解している)人にもおすすめします。2015/04/20

hideko

3
心理学者は変な事を真面目に研究していた?2015/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8626860

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。