うずらのじかん〈1〉

個数:
電子版価格 ¥891
  • 電書あり

うずらのじかん〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月10日 04時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784408415017
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

生まれも育ちも鳥類研究所。うずらのうっずーと大学教授の、ゆるっとまったり研究生活。『ぢべたぐらし』のマツダユカ最新作!

内容説明

生れも育ちも、鳥類研究室。うずらのうっずーと大学教授のゆるっとまったり研究生活。

著者等紹介

マツダユカ[マツダユカ]
武蔵野美術大学卒。在学中から鳥の生態をモチーフにした漫画を制作

上田恵介[ウエダケイスケ]
1950年、大阪府生まれ。立教大学名誉教授。専門は、鳥の行動生態学、動物行動学、進化生物学。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小梅

108
私もウズラを飼ってますが、うちの子たち…ミルワーム食べ過ぎかな?そうそう、うちのラッキーも脚を伸ばして寝てましたね〜今は3羽いて、孵化後6週間で卵を産んだのでビックリです。これはシリーズ化してくれるのかな?2018/07/30

hirune

35
姪っ子が本屋であまりの可愛さに買って帰ったうずらの漫画本。文句なく可愛い〜〜です╰(*´︶`*)╯♡大学の鳥の研究室で孵化し、いっぱしの研究員として 活躍中?めんこいなぁ、もお?『うずら大名』の巾着うずらさんは ご吉兆〜と鳴いてましたが、うっずーはゴキチョーって鳴きます。 2018/08/12

nana

22
娘の本:うずらってこんなに(?)慣れるんですね(^^)可愛かった2018/07/25

日奈月 侑子

16
鳥類研究の調査内容でどういった事をやってるのかとかの部分が普通に面白かったです。あとうっずーがとても可愛い。実際のうずらも可愛らしくて割と好きなので、さくさくと読めました。 対カラスの話とか地味に好きです。カラスは本当に人の顔を覚えるらしいので、暫くの間は睨まれ続ける事でしょう…(笑)ラストちょっとぞわっとする感じで良かったです。 この絵柄だから軽く片付いてますけど、冷蔵庫開けたらカラスの剥製が出て来るって心臓に悪い。 あと、卵は一杯あった筈なのに一羽しか居ないのは何でだろうと思ってたらそんな理由でしたか2019/06/12

バニラ風味

13
大学の研究室で放し飼いにされている、うずらのうっずー。ふ卵器のテストで、生まれた子でそうです。「ごきちょー」と大きな声で鳴いたり、我が物顔で室内を散歩。大好きなミルワームを誰かがくれるまで、執拗に追いかけたり。研究室のみんなに愛されています。うっずーの視点からも描かれているので、そのマイペースさに、くすっという感じです。2021/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12878968

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。