• ポイントキャンペーン

本多静六 日本の森林を育てた人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408395920
  • NDC分類 289.1

内容説明

いま脚光を浴びる“蓄財の神様”本多静六の林学者としての業績をまとめた、初の評伝。近代日本の知られざる偉業に、歴史・自然科学の両面から光を当てた価値ある一冊。

目次

序章 本多静六小伝
第1章 鉄道防雪林の創設と育成
第2章 清澄演習林の創設
第3章 日比谷公園の誕生
第4章 水道水源林の育成
第5章 赤松亡国論の真意
第6章 明治神宮の森づくり
第7章 わが国における国立公園設置運動
第8章 埼玉県有林と本多育英会
第9章 都市公園設計の思想
第10章 湯布院温泉の発展と本多静六

著者紹介

遠山益[トオヤマススム]
お茶の水大学名誉教授(生物学)。本多静六縁戚。1930(昭和5)年、福島県会津若松市生まれ。54年、東京教育大学理学部生物学科卒業。62年、同大学大学院博士課程修了、理学博士。70年から2年間、カリフォルニア大学ポストドクトラルフェローとして渡米。74年、お茶の水女子大学助教授となり、のち教授に。96年、定年退官。その間の85年には文部省在外研究員として英オックスフォード大へ派遣される。98年から2004年まで聖学院大学教授をつとめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)