私の生活流儀 (新装版)

個数:

私の生活流儀 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月26日 01時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408395838
  • NDC分類 159
  • Cコード C0033

内容説明

偉大な学者でありながら巨億の富を築いた哲人が説く、健康・家庭円満・利殖の秘訣。

目次

私の健康長寿法(健康長寿はどうして求めるか;一生元気に働き続けるには;人間は百二十まで生きられる;新生命観と人生計画の立て方)
私の暮らし方・考え方(ムリのない法・ムダのない法;大切な住いの工夫;家の内のこと・家の外のこと;頭の使い方と足の使い方 ほか)
附 だれにもできる平凡利殖法

著者等紹介

本多静六[ホンダセイロク]
1866(慶応2)年、埼玉県菖蒲町(当時は河原井村)生まれ。苦学の末、84(明治17)年に東京山林学校(のちの東京農科大学、現在の東大農学部)に入学。一度は落第するも猛勉強して首席で卒業。その後、ドイツに私費留学してミュンヘン大学で国家経済学博士号を得る。1892(明治25)年、東京農科大学の助教授となり、「4分の1天引き貯金」と1日1頁の原稿執筆を開始。1900年には教授に昇任し、研究生活のかたわら植林・造園・産業振興など多方面で活躍するだけでなく、独自の蓄財投資法と生活哲学を実践して莫大な財産を築く。1927(昭和2)年の定年退官を期に、全財産を匿名で寄付。その後も「人生即努力、努力即幸福」のモットーのもと、戦中戦後を通じて働学併進の簡素生活を続け、370冊余りの著作を残した。1952(昭和27)年1月、85歳で逝去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

baboocon

9
つい先日まで本多静六先生の名前を「しずろく」だと勘違いしていた(汗)「私の財産告白」の姉妹書で、本多先生の健康法や暮らし方・考え方をつづったもの。さすがに古い本なので「えっ、それはどうなの?」と思う箇所もないわけではないが、肉などを慎み野菜中心の粗食や簡素な生活習慣は大いに見習うべきところがあると感じた。また手帳の使い方やエキス勉強法、スクラップブックなどの手法は、様々なライフハック本に書かれている内容とほとんど同じであり、なんだかおかしく感じた。2012/01/20

YJ

7
為になる言葉がたくさん。また読みたい。日々の身辺雑草を、日々の努力で取りのぞく。ホルモン漬。いよいよ倒れるまで働学併進を楽しむことが、最大最良の健康長寿法である。貯金なくして投資なく、利殖なし。投資対象の実体をしっかり掴んでかかること。好況時代には思い切った勤勉貯蓄を、不況時代には思い切った投資を。2017/03/13

dice-kn

5
写真と内容(口語体)の印象から、もし直接お目にかかれていたら、杖て叩かれそうな頑固親父風なんだけど(^-^;、なるほどそうですねと納得させられることばかりでした。もう少し元金が貯まったら、私も投資するぞー(ちょっとずつ・・・)2016/07/29

ceskepivo

5
昭和26年に書かれた本。「へ~。そこまで書くの?」と思えるところもあるが、現代人が読んでも「そうだよな」と思えるのは、人間の本質に迫るところがあるからであろう。「仕事の大きな手落ちは、あわてて片付けようとする際にのみ起きるようだ」という指摘は、身につまされる。2015/08/23

凡事徹底

4
『私の財産告白』の姉妹篇。平均寿命が今よりも短い時代に、「人間は120年まで生きられる」と断言した本多静六は人生100年時代を予見しているように見えた。その中で「どんな小さな理想(一歩前進)でもよろしい。それが一たび実現すれば、もはやそれはその人の人生の現実となる。しかも、その現実を土台として第二のより高き理想が現れてくる。理想追求は人間の本性であって、そこに「人生即努力」の絶えざる精神が生まれてくるのである。そうしてまた、そこに「努力即幸福」の新人生観が生れてくるのでる」(P.74)と説く。2021/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/375498

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。