• ポイントキャンペーン

オーケストラがやって来た

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408395043
  • NDC分類 760.4

内容説明

音楽のすばらしさを教えてくれた著者からの、情熱と愛情溢れるオーケストラ談義と、名曲にまつわるエピソードのかずかず。

目次

第1部 オーケストラがやって来た(オーケストラの魅力;棒ふり三年タタキ八年;コンサート・ホールへの招待;音楽家になるのはたいへんだ ほか)
第2部 ボクの名曲案内(モーツァルト『フィガロの結婚』序曲―速ければ速いほどよい;ベートーヴェン『レオノーレ』序曲第三番―胸が高鳴るファンファーレ;シューベルト・未完成交響曲―終わらざるがゆえの名作;ショパン・エチュード―ふとこみ上げる母の思い出 ほか)

著者紹介

山本直純[ヤマモトナオズミ]
1932(昭和7)年、東京生まれ。東京芸術大学作曲科に入学、のちに指揮科に転じる。在学中よりラジオ、テレビ、レコード、映画など各分野で才能を発揮し、『男はつらいよ』テーマ音楽、『一年生になったら』など、広く親しまれる作品を多数生み出す。72年、小沢征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を設立、指揮者団幹事となる。73年より10年間テレビ番組「オーケストラがやって来た」の音楽監督を務め、またテレビCM等に出演して広く知られる。74年、国連委嘱作品『人』を作曲、ボストン・ポップスを指揮した。82年より98年まで毎年大阪城ホールで「一万人の第九」を構成・指揮。クラシックの大衆化に力を注ぎ、その功績は大きい。2002年6月18日、死去。享年69歳