お受験で差をつける!子どもの右脳ドリル - 初級50問→中級50問→上級50問 (新装版)

個数:

お受験で差をつける!子どもの右脳ドリル - 初級50問→中級50問→上級50問 (新装版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月01日 12時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 104p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784408339887
  • NDC分類 K498
  • Cコード C6076

出版社内容情報

1日5分!で右脳の能力がアップします!

初級50問、中級50問、上級50問を掲載!




この本との出会いが、あなたのお子さんの運命を変えるかもしれません。



脳細胞が劇的に変化するのが5歳から12歳の時期であるのは紛れもない事実です。

この時期の子どもの脳は劇的に変化を遂げ、基本的な脳の機能はほとんど決定されます。



そのためにも、この時期にこの本に掲載されている右脳を活性させる問題に親しむことにより、

その機能を鍛えることができます。



「左脳」は言語機能や論理的思考、分析的処理をする役割を担っています。

一方、「右脳」は、図形処理や空間認識など、画像を介して理解することが得意で、

発想力や創造力に大きく関与しています。



これからの時代は左脳の役割は、ほとんどすべてコンピュータに置き換わる運命にあります。

一方、人間の右脳の機能は、人工知能の急激な発達があるとはいえ、

その機能がすべてコンピュータに置き換わるのはまだまだ先の話になります。



つまりこれからの時代の生き残れるのは、

発想力や直観力に秀でた「右脳人間」であることは間違いありません。



私は日本で最初に「右脳IQ」という概念を導入し、現在もその普及に尽力しています。

小さい頃から右脳を鍛えているお子さんは、

小学校に入学してからも問題を効率良く解いて優秀な成績をあげることができます。



この本は、お子さんが楽しみながら右脳を活性化することを前提に、

さまざまなユニークな問題を収録しています。

お子さんはもちろん、大人にとっても十分楽しめる問題ですので、お子さんと一緒に、

この「右脳ドリル」を解くことにより家族ぐるみで楽しむこともできます。

あなたのお子さんの右脳に奇跡を起こすきっかけになるはずです。

(「はじめに」より抜粋)