じっぴコンパクト新書<br> 天正10年の史料だけが証す本能寺の変の真実

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

じっぴコンパクト新書
天正10年の史料だけが証す本能寺の変の真実

  • 斎藤 忠【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 実業之日本社(2019/07発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 20pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年05月28日 13時06分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 329p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408338644
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C0221

内容説明

いまだ謎が多く、正確に解き明かされていない「本能寺の変」。実は史料によって、変の時系列や描写が異なる。変に至るまで、誰が、どういう理由で、どのように関係しているのか。いままで注目されてこなかった、天正10年の史料が、その矛盾点を見事に整理してくれる。著者の丹念な読み解きと大胆な推測で、いま、「本能寺の変」への道程がきれいに浮かび上がる!

目次

プロローグ 4か月後までに編まれた内外二つの史料とは?
1 本能寺の真実(それは朝討ち、日の出後45分ほど過ぎた午前5時30分前頃に始まった;本能寺の変の経過を約15分ごとに、ほぼ完全に復元;嫡男の織田信忠こそが謀反人!;変の5日前、清水の観能会後に持たれた密会こそ“信長を討つ談合”だった)
2 信長炎上の真実(想定外の上様の死に、クーデター派の叫び「約束が違う!」;変の真相を解き明かす鍵はキリスト教;いったい何者らがクーデター計画を立て、推進したのか?;なぜ、光秀は割を食いかねない役回り本能寺包囲を引き受けたのか)
エピローグ 光秀冤罪の淵源、信長の遺骸消失のミステリー

著者等紹介

斎藤忠[サイトウタダシ]
1957年、埼玉県熊谷市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。フリージャーナリストとして活躍。農業誌『菜園王』(国書刊行会)の編集長を2002年より5年間、務める。長年、日本史の研究を続ける。『聖書』研究にも造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。