マンサンコミックス<br> 静かなるドン 〈20〉

電子版価格 ¥495
  • 電書あり

マンサンコミックス
静かなるドン 〈20〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408162218
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

コウメ

47
堅気の仕事の上司萩野さんの恋のライバル登場!静也が働いているオパンティの下着会社ではなく、ブリーフを作っている下着会社の社員が萩野さんに恋をして、ブリーフ野郎はヤクザが大嫌いで萩野さんはヤクザの静也が好きで(;-ω-)ウーン静也さん非常に立ち回りにくい。2019/11/24

池野恋太郎

4
ブリーフは何度も助けてもらったくせに逆恨みして気持ち悪い。カタギに義理や情は通じないからヤクザより始末におえねぇ。2019/08/27

1
3 生きてるんだろうなーとは思っていたが、Jが記憶喪失になって早速の登場。ついでに立木も。赤ん坊爆破されても好きって、たいがい狂ってるよなこの女も。しかしそれ以上に狂ってるのがブリーフ野郎こと佐々部のセクハラ上司。セクハラどうこう以前に人格破綻者だろ、こいつ。そして佐々部と秋野と近藤の三角関係、いや女子高生も含めて四角関係も佳境。2021/03/11

Hiroki Nishizumi

1
妙な展開ばかりで、策士策に溺れるって感じ2019/11/05

zoumurasan

0
恋愛関係が複雑になりすぎててちょっとうんざりしてきたので早く佐々辺さんには諦めてもらうなり女子高生とくっつくなり死ぬなりしてほしい。なぜみんな組事務所にホイホイ乗り込んでいくのか…。2015/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/420166

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。