誰が「地球経済」を殺すのか―真相を読み解く7つのキーワード (新書版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408110325
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C0230

内容説明

グローバル化という言葉が使われ始めてから今日までの20年間を通じて、アジア通貨危機、サブプライム・ショック、リーマン・ショック、そして国々の財政破綻ショックなど、我々の経済活動は多くの混乱に直面してきた。混迷は今なお続き、地球経済は実のところ瀕死の状態にある。地球経済の息の根を止めてしまう殺し屋はいったいだれなのか。“闘うエコノミスト”が深い洞察とともに論考する!

目次

第1章 道具1 初めに「ドラマ」ありき―経済は人間のリアルな営みそのもの
第2章 道具2 「人」をして語らしむる―そのまま受け止めるとともに裏を読め
第3章 道具3 「数字」をして語らしむる―数字が語りかける言葉を読み取れ
第4章 道具4 「座標軸」を考える―問題点の在りかを整理する
第5章 道具5 これまでと「反対」を考える―推理が行き詰まったときの突破法
第6章 道具6 「歴史」を振り返る―遠い未来を見通すためには遠い過去を振り返る
第7章 道具7 終わりに「言葉」ありき―独り歩きする用語に注意

著者等紹介

浜矩子[ハマノリコ]
同志社大学大学院ビジネス研究科教授。1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。1975年三菱総合研究所入社以後、ロンドン駐在員事務所長兼駐在エコノミスト、経済調査部長などを経て、2002年より現職に。専攻はマクロ経済分析、国際経済(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yoshihiro Yamamoto

1
C+ タイトルを真に受けて「誰が殺したんだろう?」と思って読んでみたが、サブタイトルの「真相を読み解く7つのキーワード」、「ドラマ」「人」「数字」「座標軸」「反対」「歴史」「言葉」というツールを使って、「地球経済を殺す犯人を探す」ノウハウを読者に伝える、というのがこの本の主旨。見事に早とちりしてしまった。まあ、それなりに楽しく読めたけど、手応えは感じなかった。2013/12/23

はる

0
経済を見る視点が、ちょっと変えられるかな。いろんな見方はあるものの、とにかく、政治家が景気・経済を語るときは、うのみにぜす、よく注意して聞いておこうと思いました。2014/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7657716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。