• ポイントキャンペーン

良寛さま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408104836
  • NDC分類 188.82

目次

おはなし(良寛さま;良寛さまと乞食;竹の子伸びろ;良寛さまと犬 ほか)
童謡(しあん顔;良寛さまのいけどり;鉢の子忘れた;竹の子のびろ ほか)
良寛さまの歌

著者紹介

相馬御風[ソウマギョフウ]
明治16年新潟県糸魚川町に生まれる。30年内藤鳴雪氏に俳句の添削を乞い、「窓竹」と号した。33年佐々木信綱氏の「竹柏会」に入会、このころから「御風」と号した。39年早稲田大学英文科卒業。片上天弦、岩野泡鳴、白松南山らと共に早稲田文学社に入る。40年早稲田大学校歌「都の西北」を作詞。大正5年郷里糸魚川へ帰り、良寛研究に着手。7年良寛研究の代表作『大愚良寛』を出版。続いて『良寛和尚詩歌集』『樹かげ』を出版。14年『良寛和尚歌集』『一茶と良寛と芭蕉』『野を歩む者』出版。昭和5年『貞心と千代と蓮月』『良寛さま』出版。11年『相馬御風随筆全集』全8巻刊行。25年5月8日永眠