浪江町津島―風下の村の人びと

個数:

浪江町津島―風下の村の人びと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月17日 14時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784406066303
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

奪い取られたふるさと。辛さと悲しみ、裁判を闘う怒りに応えるドキュメント。

目次

風下の村 避難解除の動き 住民不在で進められる国の復興再生拠点計画
石に刻まれた「絆」の文字―三瓶章陸さん(66歳)
放射線の可視化―オートラジオグラフ
築150年の家を守った―石井ひろみさん(71歳)
4万羽の鶏を飼う男の父は肺ガンで亡くなった―高橋和重さん(62歳)
松本屋4代目―今野秀則さん(74歳)
「ふるさとを取り戻そう」二人の元町議会議員の呼びかけ―三瓶宝次さん(85歳)と馬場績さん(77歳)
復活した赤宇木の田植踊りと獅子舞
村を測る―記録を残さなかったら、なかったことにされてしまう 今野義人さん(77歳)
長くなるほど大変だ―佐々木保彦さん(74歳)と光恵さん(69歳)
エゴマを町の特産品に―石井絹江さん(69歳)
あの時から時間が止まったままだ―佐々木茂さん(67歳)
小さな地域の裁判だけれど大きな意味があるんだね―関場健治さん(66歳)と和代さん(62歳)
津島原発訴訟原告団事務局長―武藤晴男さん(63歳)
けもの物語―カモシカのつぶやき

著者等紹介

森住卓[モリズミタカシ]
1951年生まれ。フォトジャーナリスト。日本写真家協会(JPS)、日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)会員。1994年より世界の核実験被爆者の取材を開始する。『セミパラチンスク』(1999年、高文研)で日本ジャーナリスト会議特別賞、平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。