誰も置き去りにしない社会へ―貧困・格差の現場から

個数:

誰も置き去りにしない社会へ―貧困・格差の現場から

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月21日 04時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784406061919
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0036

内容説明

保育の現場は?シングル女性の貧困。多発する奨学金返還トラブル。消される自主避難者。沖縄の夜の街の少女たち。給食費未納はモラル崩壊?障害児家族は?どうなっている?日本の現場を探る!

目次

1 保育現場にみる子どもの貧困と保育所の役割
2 学校給食から見える子どもの貧困
3 若者の学びと成長を支える学費と奨学金制度を
4 障害ある子どもとその家族の貧困を考える
5 消されていく自主避難者
6 沖縄の夜の街の少女たちを追って
7 シングル女性の貧困、生きづらさ、働きづらさを追って
8 教育偏重の子どもの貧困対策でいいのか
9 貧困を乗り越える力をはぐくむ
10 貧困問題は解決に向かっているのか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

43
置き去りにされている子ども、親、家族の苦境を様々な視点でアプローチした実態。驚いたり怒りを感じたり、政治不信の黒雲がムクムクと湧き上がる。弱者にとことん冷たい行政、法律、裁判も。生活保護にたどりつけない事情?もうこの国はどうしようもないのか、と絶望的な気持ちになる。新自由主義は限りなく弱者を切り捨て、格差を拡大してきた。でも、この本を執筆した10名の学者や弁護士、保育者、記者のまなざしは救いだと思う。負の連鎖を断ち切る「力」は何だろう?2020/06/04

けんとまん1007

33
「生きる」っという基本的なところが危ういのが、今のこの国だと思うし、それに拍車をかける動きが強くなっていると思っている。それは、ここに述べられていること以外も含めて、表に出ないように隠され、また、出にくい環境が作られているということもある。マスコミのレベルダウンも大きな要素だと思う。改めて、民度とはどうなんだろう?と思ってしまう。次の世代にツケを回し続けている限り、難しいとは思うが、あきらめてはいけない。2020/03/17

ゆう。

33
様々な分野から日本の貧困の実像に迫り、自己責任とせず、社会的責任を明確にし、解決するための施策を考察した内容です。日本の子どもの貧困対策が産業・経済界の人材育成の一環に組み込まれている限界が示され、誰もが自分らしく生きていくためにはどうすればいいのか考えることができます。また相対的貧困率の数値が若干下がったとしてもそれは国民所得全体(特に低所得者層の所得)が減っているために中央値が下がっているからだということも学ぶことができました。既存の学校社会中心の貧困対策で良いのかについても問題提起がなされています。2018/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12555343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。