日本社会政策学の形成と展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本社会政策学の形成と展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月30日 13時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784406060073
  • NDC分類 364.021
  • Cコード C0036

内容説明

科学的社会主義の立場から社会政策学の歴史と発展を考察。

目次

第1章 「国家独占資本主義社会政策論」の再考(主題と状況;服部英太郎の「社会政策の生産力説への一批判」への振り返り;「一批判」から「社会政策本質論争」への変換の「導因」について;「一批判」の歴史的限界;「福祉国家」への道;「国家独占資本主義社会政策論」の二つの道)
第2章 明治時代の「社会政策学」と「大逆事件」、「恩賜財団済生会」および「工場法」(「大逆事件」と一体的な「恩賜財団済生会」と「工場法」の成立;工場立法政策と日本社会政策学会の形成;「貧民済生」勅諭と恩賜財団済生会の設立;社会政策主義と社会主義の対立)
第3章 「大正デモクラシー」と「関東大震災」復興の社会政策論(大正デモクラシーの成立;「大正デモクラシー」形成の背景―社会問題と社会運動;わが国初の社会保険立法=「健康保険法」の成立;「治安維持法」と「普通選挙法」の成立;吉野作造の「民本主義」の普選論と福田徳三の「生存権の社会政策」論)
補論 「原発と震災」と社会政策論の課題―「国家独占資本主義社会政策論」の一展開(「原発と震災」の国家独占資本主義との関連;「原発と震災」が提起している社会政策論;原発廃棄のための社会政策論)

著者等紹介

相澤與一[アイザワヨイチ]
1933年山形県生まれ。東北大学大学院単位取得済み中退。国士館大学、城西大学、佐賀大学、福島大学、長野大学、高崎健康福祉大学の助教授、教授を歴任して、現在福島大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。