ミミズに魅せられて半世紀

ミミズに魅せられて半世紀

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 166p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784406028363
  • NDC分類 483.9
  • Cコード C0040

内容説明

荒れ地を変え、土壌をつくるミミズの役割を論じたダーウィンの著書にふれて、ミミズ博士になった女性科学者の半生。枯葉剤を是認する研究を拒否し、女性差別に屈せずみずからの研究環境を整え、ガラパゴスやギアナ高地など世界を駆けめぐる日々。

目次

ギアナ高地にミミズはいるのか?
私の生い立ち
自然科学研究を一生の職業として
初期の研究生活
世界のミミズ研究をめぐる状況
私の博士論文
大学に勤務する女性教員の仕事と出産・育児
女性が仕事を続けるために
三種の落葉樹の落ち葉の消失過程の研究
ミミズ研究をできなかった日々の研究
ミミズの研究にポーランドに出発
経済学部に転職して
ハワイ、パプア・ニューギニア、ガラパゴス、オーストラリアなどでの研究
小笠原諸島での調査
ガラパゴス諸島への再度、再々度の訪問
さらにミミズとともに

著者等紹介

中村方子[ナカムラマサコ]
1930年東京都生まれ。お茶の水女子大学理学部動物学科卒。理学博士。東京都立大学理学部助手を経て、現・中央大学経済学部名誉教授(生命科学担当)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。