徹底図解 織田信長―天下取りを目前にして消えた戦国随一の武将

個数:

徹底図解 織田信長―天下取りを目前にして消えた戦国随一の武将

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 13時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784405106901
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C2021

内容説明

下克上の戦国時代、信長は強敵に囲まれた近江の弱小勢力から、天下を狙える位置にまで登り詰める。しかし、まさに天下取りを目前にして、信長は家臣に討たれた。一般に激情家で血も涙もない男であると知られる。確かに比叡山焼き討ちを代表とする苛烈な行動を信長は起こすが、実はそこには冷徹な計算と、確固たる信念があったことは意外に知られていない。過激かつ冷徹。それは信長の生きた時代と、彼自身の生い立ちが育んだ特質であろう。自分を信じて戦国の世を急ぎ足で駆けぬけた男の生涯をここに解説する。

目次

1章 織田信長と周囲の人々
2章 雌伏期「尾張の大うつけ」
3章 飛躍期「上洛を目ざす」
4章 波乱期「信長包囲網」
5章 終末期「本能寺に死す」
付録資料編

著者紹介

榎本秋[エノモトアキ]
著述業。文芸評論家。おもに歴史、文芸に関する原稿を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)