カラー版徹底図解 古事記・日本書紀―神々とともに歩んだ日本創世記

個数:

カラー版徹底図解 古事記・日本書紀―神々とともに歩んだ日本創世記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784405106642
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C2021

内容説明

まず空の一番高いところに神々が現れ、続いて夫婦の神が島々を生み―、日本誕生の始まりである。『古事記』と『日本書紀』は、天上から地上に降りた神々が活躍する様子や、天皇家と大和朝廷の始まりを描いた歴史書である。様々な物事の起源、そして、個性あふれる神々の織り成す魅力的な物語の数々。本書では、物語の背景となる実際の古墳時代についての知識もふんだんに盛り込み、そうした『記紀』の神話的・歴史的な物語を紹介する。

目次

1章 古事記・日本書紀列伝
2章 神々の物語
3章 大和朝廷の誕生
4章 神話的英雄の時代
5章 そして歴史の時代へ
付録 資料編

著者等紹介

榎本秋[エノモトアキ]
著述業。文芸評論家。主に歴史、文芸に関する原稿を執筆する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けいた@読書中はお静かに

17
秋に出雲大社に旅行に行くための勉強用。神武天皇までの流れはだいたい理解出来た。鹿児島の実家の近所にある笠沙宮にあった『日本発祥の地』の石碑の意味もようやく理解出来た。天孫降臨で地上に降りてきたニニギノミコトがコノハナサクヤヒメに惚れて最初に住んで、後の神武天皇のお祖父ちゃんにもなる子供を産んだ場所らしい。2015/09/06

かよこ

5
良かったぁ!イケメンに描かれているから、読む気になる(≧∇≦)。漫画でざっくりストーリーを知った上での図解は、分かり易かった。 神社の写真も、その神様の箇所で載っているから、神社への興味も湧き、地元の鹿島神宮が祀っているタケミカヅチが何者なのかも分かり、日本が好きになる一冊でした。記紀そのものも、是非読んでみたいです。2012/12/08

cPu

5
カラー図解なのですべてがカラーです。日本の神様ってこんなに美形でいいの!?っていうくらい美形が集まっている気がします。

みどりんご

4
古事記に興味が膨らんで…でもなかなかしっかり理解できなくて…ってな時に読んでみた。軽いカンジは否めないけれど、分かりやすくてよかった。2013/05/03

ぴぃ

4
全ページオールカラーの本。美形過ぎるイラストに最初はかなりの違和感があったけど、読んでる内に全く気にならなくなった。 中高生向けの本なのかな?分かり易くて良かった。 これを読んで所々曖昧だった部分がクリアーになりました。 古事記と日本書紀の違いも丁寧に記載されていて、その部分も良かった。2013/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/466162

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。