最新ストレッチの科学

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

最新ストレッチの科学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784405086920
  • NDC分類 781.4
  • Cコード C2075

出版社内容情報

本書は、カラダの硬い、柔らかいを科学的に検証。ストレッチの効能は勿論、「科学的に効く」具体的なストレッチもカラー写真で紹介。

内容説明

「生まれつきカラダが硬い」はウソ!静的ストレッチは運動前にしてもよい!?柔らかいカラダになる真実52。

目次

01 理論編 カラダが硬い、柔らかいを科学する(生まれつきカラダが硬い人はいない。成長過程で差が開くのだ;柔軟性が低下する最大の原因は、加齢ではなく不活動である ほか)
02 理論編 ストレッチの効果を科学する(ストレッチは有酸素運動とともに普及した;ストレッチはコンディショニング、ヨガは修行である ほか)
03 実践編 正しいストレッチのポイントを科学する(柔軟性の低い初心者の場合、ストレッチは10秒からスタートさせる;ときどき長く行うより毎日短時間行うほうが効果的である ほか)
04 実践編 最新ストレッチの実践法を科学する(ストレッチで伸ばすべき筋肉は全身に存在している;3つの柔軟性チェックで今の自分のポテンシャルを把握する ほか)

著者等紹介

坂詰真二[サカズメシンジ]
NSCA認定ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト。同協会認定パーソナルトレーナー。横浜市立大学文理学部卒。株式会社ピープル(現コナミスポーツクラブ)で、ディレクター、教育担当を歴任後、株式会社スポーツプログラムスにて実業団などのチーム、個人選手へのコンディショニング指導を担当。1996年に独立し「スポーツ&サイエンス」を主宰。アスリート指導、指導者育成、メディアを通じての運動指導を中心に活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tomonori Yonezawa

1
【地元図書館】2017.12.25初版。▼4章191頁、前半2章まではストレッチの歴史や理論が延々と続く。参考になりますが面白みには欠ける。後半はストレッチのメニュー。▼毎日少しずつ(でも)やる方が効果的なので、毎日寝る前にバタフライ、気がついた時にスタンディング・ニー・トゥ・チェストをやってみよう。▼例え非難されようとも俺は叫ぶ。「モデルは綺麗な姉ちゃんの方が絶対いい!」2021/09/11

本当つき

1
前半の内容はちょっと難しく専門的なことまで細かく書かれている。 後半は具体的なストレッチの内容が書かれている。 「なぜ」の部分が解説されているので、他のストレッチ本よりも説得力がある内容だった。 2018/03/12

Koichi Yamashita

1
確かに身体のリフレッシュにいいと感じたので、とりあえずこちらの本で紹介されてた立ったままで出来る4つの基本のストレッチは毎日続けたいと思う。 2018/02/25

Re Ga Ga

0
ストレッチは重要だと思うが、わからないまま見よう見まねでしかやってないな、と思って手に取りました。この本は前半110ページまで、理論なのですが、とてもわかりやすくて、思い違いがたくさん。そもそもどうしてストレッチが必要なのかとうところから、筋トレとストレッチでは、意識する場所の違い、可動域の話、50肩、見慣れたストレッチが古くなってる!など、読み物としても。かなり面白く読めました。後半実技か部位別、目的別にあり、やってみるけど何か違う、、でも気持ちいい感覚が、また違うのでやってみようと思います。

dokulogue1

0
図書館本。ストレッチは大事だということ。身体が動かないことを老化のせいにするのは良くない、とは思っていたが同じ方向性。運動しない時間が長いことが怪我や各種障害につながると思うし、一定程度はそういうことなのだと思っている。各種ストレッチについて中庸の考え方なのも良い書籍かと。2021/04/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12430176

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。