1話10分 謎解きホームルーム

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

1話10分 謎解きホームルーム

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月09日 09時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784405073241
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

産休の先生に代わり、新しくやってきたのはイケメン風のちょっと変わった名前の先生だ。
「車六家睦(しゃろく いえむつ)です。じつは先生、謎解きが大好きなんです。これから、ホームルームの時間にひとりずつミステリーを発表するのはどうでしょう」
そんな提案から、毎週金曜日、帰りのホームルームで謎解きをすることになった。

資産家だった曽祖父の書斎から消えた遺品の手帳、完全密室のバスで起きた窃盗事件、サーカスで起きた転落事故??。
クラスメイトたちによって提示されるさまざまな謎を、きみは見事解くことができるか????

ミステリーの【解決編】を読む前に、ぜひ自分なりの推理を立ててみてほしい。
注意深くお話を読み込むことで、読解力や推察力を養うことができるはずだ。ヒントはすべてこの中にある!

1話10分で完結。全9話収載。

内容説明

金曜日、帰りのホームルーム、いつも決まった時間に配られるのは、珠玉のミステリー。ミステリーを楽しむうちに自然と読解力・洞察力がUPする!これまでにない、謎解き思考小説!!!!朝読にも最適!ひとつのお話が10分完結。全9話、珠玉のアンソロジー。小学3年生以上の漢字にはふりがな付。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ris3901

5
簡単な謎解き短編集9作。「怪盗レッド」の秋木真さんの作品も。ええっと思うくらい簡単なものも。朝読書などで初めて手にする謎解きものとしてなら、入りやすくて良いかもしれません。2021/06/14

NAMIMA

3
【図書館本】1話10分で読める短い話の謎解きストーリー。ストーリーと解答編に分かれているので、じっくり考えてから解答編を読めば推理が楽しめる。そこそこ難しくもあり、ちょっと考えればわかる感じもあり良かった。8人の作家によるミステリー。2021/08/20

飲も飲も

2
短編9話。朝読書によさそうだな2021/06/30

水無月時計

0
1話が約10分で読めるミステリーということで手に取って読んでみました。 毎週金曜日のホームルームでミステリーを出して解くという企画をする学校の先生が担任だったら、とても楽しいのだろうなと思いながら読ませて頂きました。 ミステリーではあるもののどこかやはり優しい物語で、読んでいてとても面白かったです。 ちょっとした休憩や息抜きにもおすすめですね。2021/10/06

ゆき

0
謎解き…というほどの内容ではなかったような。でもミステリー初心者の小学生にはこれくらいがちょうどいいのかな。 挿絵もヒントになるらしく、イマドキの可愛らしい挿絵で小学生にはウケるんじないかな。 それにしてもミステリーらしく最後はなんかこうどどーんと一発事件が欲しかったなぁ。2021/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16971817

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。