ヒミコは二人いた―古代九州王朝の陰謀

  • ポイントキャンペーン

ヒミコは二人いた―古代九州王朝の陰謀

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 225p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784404020680
  • NDC分類 210.3

目次

第1章 邪馬台国の正体(邪馬台国論争最大のなぞ;邪馬台国東遷論と天照大神=ヒミコ説;蝦夷の国、日高見国のなぞ;歴史をかえた「親魏倭王」の称号 ほか)
第2章 出雲王朝の女帝神功皇后の秘密(九州王朝の賭;武内宿禰は実在した;神功皇后は飛鳥の三女帝がモデルだった?;『風土記』が語る神功皇后の正体 ほか)
第3章 賀夜奈留美の正体(宗像大社に秘められた謎;飛鳥坐神社の縁起書に残っていたカヤナルミ;カヤナルミと下照姫を結ぶもの;通商国家伽耶の謎 ほか)
第4章 大和朝廷成立秘史(古代史の秘密を握る事代主命と武内宿禰;蘇我氏と出雲王朝を直結させる証拠;大国主命のなぞを追う;出雲・九州を合併に導いた武内宿禰 ほか)