原本「信長記」の世界

  • ポイントキャンペーン

原本「信長記」の世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784404020598
  • NDC分類 289

内容説明

信長の第一級資料「原本信長記」池田文庫蔵を初めて大系的に解釈。国語史学者である小林千草の厳密なることば考証にもとづく本文理解と、作家・千草子の中世芸能・絵画にそそぐ熱き眼が醸しだす、豊饒なる室町世界。

目次

1 中世を読む―太田牛一『信長記』(原本信長記)より(信長と道三;津嶋おどり;津嶋まつり・三略;藤戸石;相撲興行;安土城普請;安土天守と安土屏風;安土城障壁画細見;鷹狩り;信長とキリシタン;レクイエムとしての幸若「敦盛」)
2 信長をめぐる小論・小品集(ドキュメンタリー本能寺の変;雨に想う 信長とおさな子;のぶさん;NHK大河ドラマ信長“当方見聞録”)