南朝名将 結城宗広

  • ポイントキャンペーン

南朝名将 結城宗広

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784404018649
  • NDC分類 289

内容説明

みちのく白河の領主結城宗広は、新田義貞とともに鎌倉を攻略、さらに北畠顕家の片腕として尊氏を破り九州に走らせたが、雄図むなしく伊勢国津で病没。初めて公刊の南朝一猛将の伝記。

目次

1 宗広の「白河」歴史ロマン
2 武家の都・鎌倉
3 緑濃い白河の城
4 正中の変に“浮上”
5 円観との出会い
6 北畠一門との接触
7 輝かしき多賀国府
8 南の結城氏、北の南部氏
9 建武の新政に暗雲
10 宗広、顕家とともに西征
11 奥州官軍、入京
12 尊氏、九州に敗走
13 宗広ら北帰行
14 伊賀に親光の影
15 尊氏東上、正成戦死
16 花の吉野に遷都
17 奥州官軍、霊山に苦戦
18 宗広、再び西征へ
19 近畿を横断、顕家戦死
20 宗広、吉野に奮い立つ
21 宗広、伊勢の津に陣没
22 栄光の譜
結城宗広公略年譜
結城家古系図写