高松塚は高市皇子の墓

  • ポイントキャンペーン

高松塚は高市皇子の墓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 20X15cm
  • 商品コード 9784404018410
  • NDC分類 210.2

内容説明

柿本人麿の「高市挽歌」は「高松塚の墓碑」である。東アジア的視野からの壁画・出土品の探究と、今日までの調査研究の諸資料を詳細に検討し被葬者を立証。既往諸説を紹介・反論し、百家争鳴の決着を期する待望の書。被葬者の謎を解明。

目次

第1部 謎解きの道(従来の謎解きの道;私の謎解きの道;高市の柩は高松塚へ)
第2部 遺跡と遺物による検証(遺跡による検証;遺物による検証;出土遺物;壁画;人物画;黄文本実の業績)
第3部 歴史的・人間的考察(高市皇子尊の生と死;持統女帝の執念;藤原不比等の黒い影;歴史の証言者、人麿と『万葉集』)
第4部 既往の被葬者説―紹介と批判、私見(梅原猛氏の『黄泉の王』;既往の高市皇子説)
付記 文化庁の最終報告書について
高松塚関連略年表