見ることの距離―ダンスの軌跡1962~1996

個数:

見ることの距離―ダンスの軌跡1962~1996

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784403230806
  • NDC分類 769
  • Cコード C0073

内容説明

土方巽、大野一雄など暗黒舞踏を紹介し、世界のダンスシーンを変えた男、市川雅の舞踊批評のエッセンス。

目次

1 モダニズムへの問題提起1962~1971(瓦解する肉体;モダンダンスの停滞が意味するもの―砂川啓介舞踊作品;感動的な空間―レゾワルシュのマイムをみる ほか)
2 舞踏の興隆1972~1979(すばらしいダンサー、すばらしいレパートリー―パリ・オペラ座バレエ団;夢幻的な想像力の中へ誘う―東京シティ・バレエ団『眠り森の美女』;肉体が思想に昇華―土方巽の「燔犠大踏鑑」 ほか)
3 ポスト・モダンダンスの展開1980~1986(トウ・シューズの考察―トウ・シューズとボディ・カルチャー;受苦の真只中で―ナンシー演劇祭で踊った大野一雄;存在論と舞踏―舞踏第二世代 ほか)
4 土方巽没後、そして新しい波1987~1996(単純だが力にみちた『ダッタンの踊り』―モンテカルロ・バレエ団;死への傾斜、生への渇望…を踊る―エイコ&コマ;追悼―アルヴィン・エイリーの“栄光と悲劇” ほか)