病み情報社会

個数:

病み情報社会

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 414p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784403120206
  • NDC分類 491.61
  • Cコード C0047

内容説明

厚生労働省、製薬会社、大学医学部、病院、マスコミのネットワークが病気を蔓延させている―だけではない、現代社会の仕組みそのものが病気をつくっているのだ。淡々と並べられてゆく事実が浮き彫りにする現代医療の恐るべき実態。

目次

第1部 病の蔓延(複雑系の情報と「病み情報」;病んだ社会情報がもたらす社原病;ありふれた病・多因子病)
第2部 文明病各論(代謝系の病;血管系の病;癌;免疫アレルギー疾患;精神疾患)
第3部 病は減らせるか(医療における病み情報とその修正;科学による病み情報の修正)

著者紹介

金子義保[カネコヨシヤス]
1944年、埼玉県生まれ。1970年、東京大学医学部卒、医学博士。アルバート・アインシュタイン医科大学研究員、東京大学医学部講師、東京大学医学部付属病院総合内科外来医長。内分泌代謝病、肝臓病、肝癌の遺伝子治療などを研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)