七転び八起き寝たきりいのちの証し―クチマウスで綴る筋ジス・自立生活20年

個数:

七転び八起き寝たきりいのちの証し―クチマウスで綴る筋ジス・自立生活20年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月27日 20時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784400527206
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1016

内容説明

本書は、著者がクチマウスで綴ったユーモアあふれるブログ記事を中心に、遺された論考・創作を妻と友人たちが編集し、あわせて仲間たちのメッセージを付したもの。恵みによって生かされて生きるというキリスト教の信仰に立ち、どこまでも前向きに、周囲の人々と笑いと喜びを分かち合った生の軌跡は、すべての人に勇気を与えるだろう。

目次

はしがき 阿部恭嗣から愛する人たちへ
序 限界づけられた生の希望―阿部恭嗣という生き方
第1章 子どもたちへ
第2章 筋ジス患者の生活と意見
第3章 クチマウスで綴ったブログ
第4章 ものがたり―阿部恭嗣の創作
第5章 仲間たちからのメッセージ
阿部恭嗣の生涯

著者等紹介

阿部恭嗣[アベヤスツグ]
1955‐2008。少年時代に筋ジストロフィーを発症し、親元を離れて仙台の病院に入院、中学生時代から車椅子生活を余儀なくされる。障害者自立運動をリードし、「仙台ありのまま舎」設立に尽力した。ボランティアのネットワークを作り上げ、自立生活を生き抜いた

竹之内裕文[タケノウチヒロブミ]
東北大学理学部在学中に、創設二年目の仙台ありのまま舎に出かけ、ボランティアとして活動するようになる。以来約二十年にわたり阿部恭嗣と親交を結ぶ。現在、静岡大学創造科学技術大学院教授(哲学・倫理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。