現代神学の最前線(フロント)―「バルト以後」の半世紀を読む

個数:

現代神学の最前線(フロント)―「バルト以後」の半世紀を読む

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784400327653
  • NDC分類 191

内容説明

バルトやティリッヒといった神学的巨人亡きあと分散・越境・多面化している現代神学の営みを、シャープな筆致で分析。解放の神学、フェミニスト神学、ポストモダン、ポストコロニアル、ポストリベラル、宗教右派の神学などを明快に位置づけ、21世紀における神学の課題に迫る。

目次

はじめに―今、神学に何が起きているのか
世俗化の神学と「宗教なき時代」のキリスト教―アメリカはボンヘッファーを誤読したのか
黙示録的時代を告げたラディカル神学―「神の死の神学」の誕生とその後
政治神学は未来の変革を告知する―イエスの想起と終末的希望を語り継ぐ
黒人神学とアメリカ周縁社会の希望―黒人神学の新世代は何を語るのか
ポストモダン時代のフェミニスト神学―多様に「女たちの経験」を綴る
解放の神学は貧しい者を選択する―マルクス主義から民衆の基層文化へ
アジア神学とポストコロニアルの展望―「文化」、「民衆」、「解放」のキーワードの次に
宗教の多元神学とグローバル危機―紛争の時代に宗教の対話は可能か
プロセス神学は経済とエコロジーに「進化」する―新古典神論から解放主義へ〔ほか〕

著者紹介

栗林輝夫[クリバヤシテルオ]
1948年東京生まれ。国際基督教大学卒業。東京神学大学大学院修士修了。ニューヨーク・ユニオン神学大学、ジュネーヴ大学(スイス)、ハンブルク大学(ドイツ)、クエルナヴァカ国際資料研究所(メキシコ)に留学。グラジュエイト・セオロジカル・ユニオン(米国カリフォルニア)にて客員研究員。Ph.D.(哲学博士)。現在、関西学院大学法学部教員

出版社内容情報

バルト、ティリッヒなきあと、主題も主体も分散・越境・多面化した現代神学を鋭く解明。文献案内・神学史年表を付す。