月の欠片

個数:

月の欠片

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 228p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784396634339
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

新時代への希望を胸に成長する青年が事件を追う、気鋭の長編時代書下ろし!開化の帝都に連続する死。“四人の敵”は誰なのか?

著者等紹介

浮穴みみ[ウキアナミミ]
1968年北海道旭川市生まれ。千葉大学文学部文学科仏文専攻卒業。2008年、「寿限無 幼童手跡指南・吉井数馬」で第30回小説推理新人賞受賞。09年、受賞作を収録した連作短編集『吉井堂謎解き暦 姫の竹、月の草』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

新時代への希望を胸に成長する青年が事件を追う、気鋭の長編時代書下ろし!
開化の帝都に連続する死。“四人の敵"は誰なのか?
戊辰戦争で孤児となった会津の青年琢磨は、十六歳を迎え、築地外国人居留地近くの西洋茶店都鳥に寄宿することとなった。主人の祐三郎は、書生を無償で西洋塾に通わせる奇特な人物。だが、訪ねた矢先、新橋の牛鍋屋主人治五郎が割腹死体で発見される。明治の世に切腹? 侍の出ではなく、若い頃の悪事を悔いて洗礼を受ける予定だった治五郎が、自死を選ぶのは不自然だった。さらに、この事件には、一連の敵討ちの端緒と思われる、ある理由があった。
続発を防ぐべく、琢磨たちが治五郎の過去を洗い始めた矢先、第二の殺しが……。

序章
第一章 都鳥
第二章 牛鍋屋治五郎
第三章 西洋塾
第四章 月の欠片
第五章 もう一人の敵
終章

【著者紹介】
1968年北海道旭川市生まれ。千葉大学文学部文学科仏文専攻卒業。札幌市在住。2008年、「寿限無 幼童手跡指南・吉井数馬」で第30回小説推理新人賞受賞。09年、受賞作を収録した連作短編集『吉井堂謎解き暦 姫の竹、月の草』でデビュー。他の著作に『こらしめ屋お蝶花暦 寒中の花』『恋仏』『夢行脚 俳人・諸九の恋』『お役目は影働き 忍び医者了潤参る』。