• ポイントキャンペーン

質素なドイツ人のゆとりある生活

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 266p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784396611453
  • NDC分類 302.34

出版社内容情報

なぜ、ここドイツでは人が楽になるのだろう?

緑あふれる街並み。ゆったりした生活リズム。
国民全体がしっかり取る長期休暇。
入試がなく、のびのび遊び回る子供たち。
すべてに自然な振る舞い──。

ドイツに暮らしていると、自分がラクになっていくのを感じる。
23年ぶりの留学生活で感じたことを一言で言うと、
それはドイツ人の暮らし全般に流れる「ゆとり」である。
最初の留学から二三年たったいま、二〇年近く日本で教師の仕事に携わってから、改めてドイツを見ると、学生時代には気付かなかったものが見えてくるように思う。
日に日に変わる日本の教育現場、様々な問題を抱える教育現場から外に出て、ドイツ社会の中で深呼吸したとき、私の目の中に入ってきたものとは、何か。
ドイツの人々との語り合い、街で出会った出来事などをとおして、考えさせられたこととは。そして教師としての今までの自分を反省させられたものとは。
それらを、これから綴っていきたいと思う。

【著者紹介】
1954年、神奈川県生まれ。横浜国大教育学部音楽科卒。在学中にベルリン教育大学に留学。その後、小、中学校の教師を務めた後、横浜国大大学院教育学研究科に進む。大学院修了後、1984年より神奈川県の県立高校で、音楽教師を務める。 1999年より学術研究休職をとり、ハンブルグ・コンセルヴァトワール(音楽院)に留学。専攻は声楽で、おもにドイツリート(歌曲)を学ぶ。 23年ぶりのドイツで見たこと、感じたことを綴った本書が、初めての著作となる。音楽教育学会会員。