• ポイントキャンペーン

世界遺産 飛鳥・法隆寺の謎―聖徳太子は、天智・天武に何を遺したか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784396610975
  • NDC分類 210.33

内容説明

あなたが「真面目で几帳面」なのは、聖徳太子のせい?小野妹子より7年前に、すでに遣隋使がいた?飛鳥遺跡からの大発見で、ここまでわかった「日本誕生」の真実。教科書では絶対に教えてくれない「日本誕生の秘密」を掘り起こす。

目次

序章 世界遺産から探る「日本誕生」の真実―飛鳥遺跡の相次ぐ大発見で、何がわかってきたか?(日本はいつから「日本」になったのか?;勤勉で几帳面な「日本人らしさ」も、この時期に形成された?;飛鳥の遺跡で相次ぐ大発見が、やがて「日本誕生」の真実を明かす? ほか)
第1章 聖徳太子と法隆寺の謎―なぜ、これほどまでに「伝説」で飾り立てられるのか(日本史上、最も深い謎に包まれた伝説的聖人;「聖徳太子」は実在しなかった?;聖徳太子をめぐる伝説の数々 ほか)
第2章 上宮王家の悲劇と大化改新―天智天皇は、なぜ太子の怨霊に怯えたのか?(専横をきわめる蘇我蝦夷・入鹿親子と山背大兄の確執;上宮王家の滅亡―法隆寺・伏蔵の謎;『日本書紀』によって“作られた歴史”から、どう真実を読むか ほか)
第3章 かくて「日本」は誕生した―稀代の傑物・天武天皇と影の支配者・藤原一族の秘密(天智と天武の浅からぬ確執;天武天皇は、天智の弟ではなかった?;優秀な嫡子・大友皇子に天皇を継がせたかった天智 ほか)