祥伝社黄金文庫<br> 7カ国語をモノにした人の勉強法

個数:

祥伝社黄金文庫
7カ国語をモノにした人の勉強法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 14時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396317461
  • NDC分類 807
  • Cコード C0195

出版社内容情報



橋本陽介[]
著・文・その他

内容説明

言葉のしくみと成り立ちがわかれば、語学は上達する!本書を一読するだけで、あなたの「勉強法」は大きく変わります!

目次

第1章 外国語ができるということ(外国語で話すという感覚;どうして外国語が身につかないのか;私はこうして覚えた)
第2章 音声と語彙を習得する(音声と言語;言葉の「意味」とは何か;語感を身につける;言葉の「一般常識」を捨てよう)
第3章 文法を習得する(文法とは何か;「学校文法」の正体;文法の形式主義と論理中心主義)
第4章 多言語を習得する(具体的な勉強法;マルチリンガルになる)

著者等紹介

橋本陽介[ハシモトヨウスケ]
1982年、埼玉県生まれ。お茶の水女子大学基幹研究院助教。慶應義塾志木高等学校卒業。慶應義塾大学大学院文学研究科中国文学専攻博士課程単位取得。博士(文学)。専門は、中国語を中心とした文体論、テクスト言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハッシー

58
★★★☆☆ この本のエッセンスは第四章「多言語を習得する」に詰まっているので、それまでは読み飛ばしても十分に元が取れる。独学に最も向いているテキストはNHKのラジオ講座とのこと。音声が豊富に収録されいるため、日本人が語学をモノにできない最大の理由である「音声の無視」に陥ることもない。音声の体系が頭に入ると、単語もどんどん暗記できるようになる。印象に残ったのは「語学学習は逆向きのベルトコンベアーを歩いていくものだ」という表現。歩みを止めずに一気に次の段階に進まなければ、すぐに元に戻ってしまう。確かにそうだ。2021/06/23

Kazitu

40
7カ国語をモノにできたら、世界中に友達できるんだろうな。せめて一つでもモノにしたい。 しかし、言語を覚えるのは難しいな😁2022/08/01

とくま

2
×P100。2019/03/06

サブレ

2
勉強ができる人になるのではなく、語学ができる人になるための方法が筆者の体験を踏まえて体系的に書かれています。多くの若い学生の皆さんに読んでもらいたい。2019/02/05

taros

1
音声がかなり鍵になっているようだ。 音読はなるべく文字を見ずに耳で聞いて覚えよう。 日記はまずは頭で作って話してから文字起こしをしよう。 そうするだけでも違ってくる。 ただ、音読や瞬間作文、精読や日記など、今までやってきたことは間違っていないようだ。 これをだらだら続けず、短期集中でやり込む。 参考になる話が多くためになった。2020/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13270342
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。