祥伝社黄金文庫<br> 世界はこれほど日本が好き―No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
世界はこれほど日本が好き―No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2018年12月11日 07時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 274p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396317423
  • NDC分類 319.103
  • Cコード C0130

内容説明

なぜあの国は世界で一番日本が好きなのか。

目次

序章 台湾、ブータン、トルコ、そしてポーランド
第1章 日本との連帯―東日本大震災の被災者に寄り添うポーランド国民
第2章 ポーランドと初めて公式に接触した日本人―欧米で話題となった単騎馬遠征
第3章 日露戦争で急速に近づいた日ポの距離―捕虜にも“おもてなし精神”
第4章 日本研究とアイヌ研究の第一人者―ブロニスワフ・ピウスツキ
第5章 シベリアの孤児たちを救え!―要請から17日後の決断
第6章 第二次世界大戦中の信頼関係―杉原千畝はなぜビザを発給し続けたのか
第7章 無間地獄に陥ったワルシャワと映画『戦場のピアニスト』のモデル―シュピルマン氏の生涯
第8章 元シベリア孤児と元ユダヤ人難民の戦後―「日本は天国のようなところでした」
第9章 『古事記』の翻訳者まで輩出する日本研究―ワルシャワ大学の図書館には茶室がある
第10章 「美しい精神が日本には本当に存在するのです」―アンジェイ・ワイダ監督の悲願だった日本館“マンガ”

著者等紹介

河添恵子[カワソエケイコ]
1963年千葉県生まれ。名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、87年より遼寧師範大学(大連)へ留学。(株)ケイ・ユニバーサルプランニング代表取締役、一般社団法人新しい歴史教科書をつくる会理事・女子部共同代表、一般社団法人美し国なでしこオピニオンの会顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



河添恵子[]
著・文・その他