祥伝社黄金文庫<br> デッドライン仕事術―すべての仕事に「締切日」を入れよ

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
デッドライン仕事術―すべての仕事に「締切日」を入れよ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 05時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 197p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784396316341
  • NDC分類 336.04

内容説明

デッドライン仕事術とは「就業時間も仕事も、すべて締め切りを設定する」という、とても簡単な仕事手法である。ダラダラと残業せずに、毎日、「今日は○時に帰る」と決めて仕事をする。「来月中旬ごろ」というような曖昧な言い方はやめて、「○月×日まで」とすべての仕事に締切日を入れる。この2つを実行するだけで仕事効率は驚くほど上がる。デッドライン仕事術は自分の仕事効率を高めるだけでなく、部下の仕事の管理、効率化にも抜群の効力を発揮する。トリンプ社長時代に、19年連続増収・増益に導いた吉越式仕事術のすべてをここに公開!

目次

第1章 仕事のスピードを三倍にする―まず、残業をやめてみる(残業大国ニッポンの惨状;優秀な女性が、会社を辞めざるを得ないシステム ほか)
第2章 即断即決―どうすれば決断力は身につくか(「仕事のスピード」=「判断のスピード」;判断材料はすべて「現場」にある ほか)
第3章 キャリアアップできる人間の思考法―仕事はゲーム、技は盗め(日本人はなぜ、「仕事の効率化」に意義を感じられないのか;ワークライフバランスの「ライフ」とは、「私生活」のこと ほか)
第4章 「会議」と「デッドライン」で部下を動かす―簡単で効果抜群なマネジメント手法(「会議」は本当に無駄なのか?;戦いの「最前線」としての会議 ほか)

著者紹介

吉越浩一郎[ヨシコシコウイチロウ]
1947年、千葉県生まれ。ドイツ・ハイデルベルク大学留学後、72年に上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。極東ドイツ農産物振興会、メリタジャパン、メリタ香港を経て、83年にトリンプ・インターナショナル(香港)に入社。87年にトリンプ・インターナショナル・ジャパンの代表取締役副社長、92年に代表取締役社長に就任。トリンプを19年連続増収・増益に導き、2006年に退任。現在は経営コンサルティングの分野で活躍、テレビ番組のコメンテーターとしてレギュラー出演もしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件