祥伝社黄金文庫<br> 日本三景の謎―天橋立、宮島、松島 知られざる日本史の真実

個数:
  • ポイントキャンペーン

祥伝社黄金文庫
日本三景の謎―天橋立、宮島、松島 知られざる日本史の真実

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 252p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784396315269
  • NDC分類 291.62

内容説明

天橋立のかぐや姫伝説、宮島に伝わる清盛の祟り、松島の独眼竜の「隠し砦」etc.日本三景に潜む謎を明かす。

目次

序章 日本三景の知られざる真実(一直線に並ぶ古代軍事拠点)
第1章 天橋立とおとぎ話伝説(渡来人の玄関口;聖徳太子と鬼退治;秦氏とかぐや姫伝説 ほか)
第2章 武将たちに愛された宮島(厳島神社とキリシタン;月と宮島)
第3章 松島と独眼竜(東北随一の絶景;塩竃神社の謎;松島と奥松島地区 ほか)

著者紹介

宮元健次[ミヤモトケンジ]
1962年神奈川県生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修了。宮元建築研究所代表。龍谷大学国際文化学部准教授、大同工業大学教授を歴任。日本各地の歴史的建造物を、徹底した現地取材と文献渉猟に基づき斬新に読み解く。テレビ番組監修・出演、講演でも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)